FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006Dec-2008Feb

礼拝説教の資料が掲載されているインターネットディスクにリンクされています。
ごらんになりたいメッセージがありましたら、ライトブルーの文字をダブルクリックしていただけば、説教要旨や原稿、パワーポイントファイルなどをダウンロードしていただけます。英語に訳された資料は2007/5/6から2007/2/10までのメッセージのみとなっています。



ニュージーランドのクライストチャーチJCF (Japanese Christian Fellowship) のホームページに、一度ご訪問ください。ニュージーランドにいらっしゃった時は、ぜひお立ち寄りください。



クライストチャーチJCFへのリンクは次をダブルクリックしてください。



NZ Christchurch JCF



NZ Christchurch JCF Website



お詫び:メッセージを掲載してるインターネット・ディスクへのリンクを、長いURLが短く省略できるというNotlong.com経由に当初設定していましたが、不安定で、つながらないことが多いことがわかりましたので、新たに、直接インターネットディスクへリンクするURLを設定しなおしました。ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。



Sermon materials are available (only 2007/5/6 to 2007/2/10 in English) through the linked Internet Disk.



To those who is opperating the PC without Japanese fonts: Please download only the files with English titles.  Otherwise you may end up reading a garbled rubbish.



061231 粗食でも愛のある家庭  (Japanese only)



070107 聖書この不思議な本とその魅力   (Japanese only)



070114 失望しないで、信じ、祈り続けよう   (Japanese only)



070121 生きるとは   (Japanese only)



070128  決して失望に終わることのない希望    (Japanese only)



070204 裁かず赦す愛の奇跡   (Japanese only)



070422 あの方が言われることを何でも   (Japanese only)



070429 あらゆる時に主を誉め称える信仰   (Japanese only)



5/06 In the Beginning, God はじめに神  (Japanese files with English outlne)



5/13 Creation 1 創造の御業1

   (Japanese files with English outlne)



5/27 Creation 2 創造の御業2   (Japanese files with English outlne)



6/03 Creation 3 創造の御業3   (Japanese files with English outlne)



6/10 The Seventh Day  第七の日   (Japanese files with English outlne)



6/17 The Garden of Eden  エデンの園   (Japanese files with English outlne)



6/24 Male and Female 1   男と女1   (Japanese files with English outlne)



7/01 Male and Female 2 男と女2   (Japanese files with English outlne)



7/14 The Temptation 誘惑   (Japanese files with English outlne)



7/22 The Fall 堕落  (Japanese files with English outlne & script)



7/29 The Curse 呪い  (Japanese files with English outlne & script)



8/05 Chinese ideograms and the Bible 漢字と聖書  (Japanese files with English outlne & script)



8/12 The Sanctity of Life 生命の尊さ  (Japanese files with English outlne & script)



8/19 The Genealogy of Adam アダムの系図  (Japanese files with English outlne & script)



8/26 Evil in God's sight(1) 人の邪悪さ1  (Japanese files with English outlne & script)



9/02 Evil in God's sight(2)  人の邪悪さ2  (Japanese files with English outlne & script)



9/09 The Deluge 洪水  (Japanese files with English outlne & script)



9/16 The New beginning 新しき出発  (Japanese files with English outlne & script)



9/23 Your life blood I will demand 血の価  (Japanese files with English outlne & script)



10/07 The Noahic Rainbow Covenant 虹の契約  (Japanese files with English outlne & script)



10/14 The Tower of Babel and the Origin of Nations バベルの塔と民族の起源  (Japanese files with English outlne & script)



10/21 I Will Place My Life If It Were For You 死んでもいい君のためなら  (Japanese files with English outlne & script)



11/04 Deception and Lying 偽り、嘘をつくこと  (Japanese files with English outlne & script)



11/11 What Children learn from their Mother 母から子供が学ぶこと  (Japanese files with English outlne & script)



11/18 Considerate Rebekah 気配り上手なリベカ  (Japanese files with English outlne & script)



11/25 The flagging spirit and a good wife 打ちひしがれた心と良い妻  (Japanese files with English outlne & script)



12/02 Not only the wives who need to submit 妻だけじゃないよ、従うのは  (Japanese files with English outlne & script)



12/09 True Freedom to Serve One Another with Love 愛により仕えあう  (Japanese files with English outlne & script)



12/16 The Very First Christmas in Japan 日本で初めのクリスマス  (Japanese files with English outlne & script)



12/23 To You, A True Merry Christmas! あなたにも真のメリー・クリスマス  (Japanese files with English outlne & script)



12/30 Examine yourself and Look up to the Creator. 自分を見つめ、創造主を見上げよう  (Japanese files with English outlne & script)



1/06 Do not fear! The Lord will redeem you. 恐れるな!主が贖ってくださる  (Japanese files with English outlne & script)



1/13 Prohibition on officious interference おせっかいの禁止 (Japanese files with English script only)



1/20 Exhortation on Asking おねだりの勧め  (Japanese files with English script only)



1/27 Wolves in sheep's clothing 羊の姿をした狼  (Japanese files with English script only)



2/02 Job's afflictions and Divine consolation  ヨブの苦難と主の慰め  (Japanese files with English script only)



2/10 Let's sing memorable Japanese school songs  懐かしい日本の歌 (Japanese files with Japanese lyrics written out in English Alphabet)



*******************************************************************************************



Happy and Meaningful life 有意義で幸せな人生の条件  (Japanese only)



Now you have trusted Christ... 十字架の印をご記入くださったあなたへ  (Japanese only)



スポンサーサイト

男と女(2)

070701 Christchurch JCF   ?  男と女(2)  ? (創世記2:18-25)

[導入]  ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?牧師 池田 豊

その後、神である主は仰せられた。「人が、ひとりでいるのは良くない。わたしは彼のために、彼にふさわしい助け手を造ろう。」神である主が、土からあらゆる野の獣と、あらゆる空の鳥を形造られたとき、それにどんな名を彼がつけるかを見るために、人のところに連れて来られた。人が、生き物につける名は、みな、それが、その名となった。こうして人は、すべての家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名をつけたが、人にはふさわしい助け手が、見あたらなかった。そこで神である主が、深い眠りをその人に下されたので彼は眠った。それで、彼のあばら骨の一つを取り、そのところの肉をふさがれた。こうして神である主は、人から取ったあばら骨を、ひとりの女に造り上げ、その女を人のところに連れて来られた。すると人は言った。「これこそ、今や、私の骨からの骨、私の肉からの肉。これを女と名づけよう。これは男から取られたのだから。」それゆえ、男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となるのである。そのとき、人とその妻は、ふたりとも裸であったが、互いに恥ずかしいと思わなかった。 創世記2:18-25

ソクラテスという哲学者が名言を残しています。迷うという漢字を用いる迷言だと言っても良いかも知れません。「結婚すべきか、すべきでないか」というテーマに関しての名言です。

「結婚すべきか、すべきでないか・・・結婚しなかったら、結婚できたら良かったのにと思うだろうし、結婚したらしたで、結婚しなけりゃよかったな?と思うだろう。」 

『結婚したほうがいいのか、それともしないほうがいいのかと問われるならば、わたしは、どちらにしても後悔するだろう、と答える』

ソクラテスの名言(迷言)

By all means marry; if you get a good wife, you'll be happy. If you get a bad one, you'll become a philosopher.

                      Socrates

是非とも結婚しなさい。もし良き妻を得れば、あなたは幸せになるだろう。もし悪しき妻を得れば、あなたは哲学者になるだろう。 ソクラテス

人間の歴史の中で、最も悪い妻、世界三大悪妻と呼ばれる人たちがいます。

その第一が、ヨブの奥さんです。そして、第二がソクラテスの妻だといわれます。第三は人によって意見が分かれますが、アブラハム・リンカーンの妻、メアリーだという人がおられます。また世にダメ親父と呼ばれる男性たちの奥さんらも悪妻なのだそうです。ソクラテスの奥さんがどうして悪妻なのか私は良く知りませんが、ソクラテスが奥さんのことを頭において語った次のような言葉も残っています。

「妻とは、必要最小限のことだけ話しておけばよい相手だ。」

これではソクラテスの奥さんのほうにだけ問題があったのか、ソクラテス自身にも問題があったのか、判別つかねるところです。ひょっとして、双方に問題があったのかもしれません。

あるカウンセラーのつぶやきを聞いたことがあります。

あるカウンセラーのつぶやき

人は、誤解して結婚し、理解して離婚する。

自分の父や母、つまり、両親を選んでからこの世に生まれてきた人はいません。また、自分の兄弟、姉妹を選んだ後に、この家に生まれてこようと決断をして誕生してきた人はいません。自分の子供をこのような子供にしようと、奴隷市場で奴隷をお金で買うようにして選び出産する人はいません。最近では胎児の内に、親が自分たちにとって都合が悪いと判断した結果、堕胎手術を施され、生まれて来れなくなる赤ちゃんはいますが、自分の思い通りの子供を出産する親はいないはずです。そう考えてみると私たちが一緒に生活する家族のメンバーほとんどが、私たちの意志や好みとは無関係に選ばれ与えられています。ところが、結婚する相手だけは、私たちが自分で選ぶことができるのです。昔の封建社会では、親や親族が許嫁(いいなずけ)として結婚相手を本人の意志とは別に決めてしまうことがありましたが、最近では、そのような風習を保っている家は日本では極めて少数だと思います。自分で選んだ結婚相手だから、自分の都合で離婚してもかまわないと思う人がおられるかもしれませんが、結婚は、単に異性のルームメイトという関係とはいささが違う部分があると聖書はいいます。私たちの都合だけで成り立つ人間関係なのではなく、結婚は、私たちをお造り下さった創造主のご計画、意義、そして目的をもった特別な人間関係です。今日は、創世記の2:章8-25節の御言葉から結婚に関する次の重要な四つの要素について学びたいと思います。それらは、1. 父母を離れ 2. 結びあう 3. 二人 4. 一体となる の四つです。一つ一つ見て参りましょう。

? I. 父母を離れ というこの原則は、公な、法的責任をも含むものです

  A. 親を見捨てて、「二人のため、世界はあるの?」じゃない!

親が子を思うのは、動物的な愛です。しかし、子が親を思うのは人間固有の愛だといわれます。動物でも親は子供の世話をします。最近、日本のお母さん達の中に、赤ちゃんを真夏、車の中に置きっぱなしにしたまま、パチンコに夢中になり、赤ちゃんが車の中で脱水症状をひきおこし死んでしまうという育児怠慢のお母さんがいることも報告されますが、一般的に親は子供の面倒を見ます。年老いた親の世話をするというのは、動物の世界ではほとんど目にしません。結婚に際して、「父と母を離れる」という表現は、親を見捨てるという意味ではなく、かえって逆に、今まで親の御世話になっていた子供が、結婚を契機に親の世話にならず、かえって親の世話を責任を持ってすることができるものとなっていくことを意味しています。

  B. 結婚カウンセリングで多く扱われる問題の一つ

結婚カウンセリングで多く扱われる問題の一つに嫁・姑の問題があります。洋の東西に関わらず、干渉を一番するのは、夫の母親だと言われます。「息子の妻となったあの若い女性に、大切な我が息子の世話ができるとはとても思えない。」とそう考えるお母さんがいます。息子も息子で、「花子さん、僕のママは、卵焼きには必ずお砂糖をいれてくれたのに・・・花子さんはなんでお塩だけなの?またどうして、刻みネギなんか卵焼きに入れるの?」「タクアンの切り方だって、ママは、いつも2.8ミリって決まってたのに、花子さんが切るタクワンは1センチのもあれば、5ミリのもあって、だいたい厚すぎるし、不揃いだし、塩分のとりすぎは体によくないんだってね?・・・」と新婚旅行から帰ってきたそうそう、新妻に注文をつけます。これは、聖書の教える結婚原則第一が守られていない結果起こった問題です。

  ?C. 親から離れるべき、3つの分野があります。

    1. 経済的に    ? ? ? ? ? ? ? ? ?

    2. 社会的に    ? ? ? ? ? ? ? ? ?

? ? ???? ?3. 精神的、情緒的に ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?

?II. 結び合い ?個人的側面 ? ? ?

  A. 結びつけたお方 二本のヒモをただ置いておくだけでは結ばれません。誰かが結びつけなければ結びつきません。二人を結びつけるお方が必要です。クリスチャンの結婚は創造主によって結びつけられるものです。結婚に導かれるのには、三つのかたちがあると言われます。いずれも「アイ」がついています。

恋愛結婚、お見合い結婚、そしてカミアイ結婚の三つです。

    1. 恋愛結婚 男女が互いに恋に陥り、互いに惹きつけられ結婚するのを恋愛結婚と言います。

? ? ? ? ? 2. お見合い結婚 二人をそれぞれ良く知っている人々が紹介してくれ、結婚に導かれるかたちをお見合い結婚と言います。恋愛している男女は互いに相手を美化して見がちです。お見合い結婚の場合、冷静な第三者の目で二人の若者を見、それぞれの両親や家族、親族の意向なども考慮した上で、見合い話をもってきます。その意味では、恋愛結婚よりも客観的な判断が背後にあるといってよいでしょう。

? ? ? ? ? 3. カミアイ結婚 噛み合いか? 神様によって出会いを導かれ、結婚にいたるのをカミアイ結婚と言います。人によっては、耳に入る発音から、歯をむき出し、互いに噛み合う結婚かと心配するようですが、そうではありません。創造主によって二人が会わされたと信じる結婚です。

B. 結び合う(cleave)という語のもとの意味

結び合う(cleave)という語のもとの意味は、糊でくっつける、ビッタリ貼り付けられるという意味です。

二枚の紙を糊でくっつけるとぴッタリ貼り付き一枚のようになります。

張り合わされた二枚が一枚のようになったものをはがそうとすると、いずれも裂け、破れてしまいます。引き裂かれると両方とも傷つくのです。とくに二人の間に子供たちがいる場合は、子供たちの心も引き裂かれます。

C. 「愛する」という言葉ではなく「結び合う」という言葉が用いられている。これは、二人で探り求めていく愛と言うより、決意がなされる愛をを意味する。生ける限り、一人の人に誠を尽くすことを約束する愛です。

D. 創造主の御心の結婚相手をどのようにしたら知ることができるか

結婚相手についていろいろ思いめぐらすとき、私たちは誤りない選択をしたいと願います。クリスチャンの方々は、創造主の御心を知りたいと願います。創造主の御心の結婚相手をどのようにしたら知ることができるのでしょう。結婚相手を決断する際、どのようなことに心を配ったら神の御心の人を選ぶことができるのでしょう。7つほど重要なポイントがあります。

1. 自分の願いと必要との区別が、祈りの内に示される

自分は単にこの異性に恋をしてほしがっているだけなのか、それとも創造主の御栄光のためにこの異性を必要としているのか祈りつつよく考えることが大切です。

2. 御心にふさわしいBetterな人々との出会い

神の御心というと、神様が選んでおられる結婚相手はたった一人だけで、その一人を選ばなかったら神ののろいを受けると考える人がいます。しかし、聖書では、そのような“のるかそるか”という、賭をするような意味合いで「神の御心」という表現を用いていません。「神の御心を行いなさい」という命令は、ありますが、結婚相手が誰か「神の御心」を探り求めるようにというような命令はありません。聖書の中には、神の御心と訳されるギリシャ語が二つあります。エペソ1:9を見てみましょう。

みこころの奥義を私たちに知らせてくださいました。それは、神が御子においてあらかじめお立てになったご計画によることであって、 エペソ1:9

 あらかじめお立てになった「ご計画によることであって」と日本語に訳された部分は、英語では according to His good pleasure です。創造主は、ある事柄について熟考され、その達成を喜びとされたということを意味します。主は成就すべきご計画をご自分の前に掲げられた(protithemai:前もって置く決める)ということです。そしてそれらの事柄が主のご計画やご目的の一部となっています。それら主ご自身にとって喜びとなる事柄が、言い換えると「主の御心」(エペソ1:9新改訳では、「みこころ」の奥義)なのです。ここで、「みこころの奥義」の「みこころ」と訳された語は、セレマ(thelema)という語です。この語は、心の内から芽生える「願い」を現わします。この語は動詞、セロ(thelo)に関連する語であり、心からあることがらを願い、欲するという意味です。

 創造主はご自分の心の内にある願いを持っておられます。そしてその事柄が実際にご自身の考えておられるようなかたちで達成することを創造主は良しとされ、決断なさるのです。創造主は、ご自身の内に決断を下され、ある事柄をご自分の方法をもって実現させることをもくろまれたのです。この神の御心を成就するための目的とその達成方法が、創造主の「ご計画」であり「御心」と呼ばれるものです。

御心と訳されるセレマ以外のもう一つの語は、ボゥロマイという語です。さきほど創造主が決断を下されると表現しました。主はご自身の希望と願いについてよくお考えになり、その事柄についてある決断を下されます。熟考され、御心の内にはっきりとした意図を持ち、決断されたことを実行するということを表現するのに、聖書は、ボゥロマイ(boulomai)という語を用いているのです。この語は、「心の内より願いを持ち、決定する」という意味です。この語は、前述のセローよりも強い決意を現わします。ボゥロマイには決断するという意味合いがあるので、多くの場合、計画と訳されています。 

しかし、同一の御霊がこれらすべてのことをなさるのであって、みこころのままに、おのおのにそれぞれの賜物を分け与えてくださるのです。 1コリント12:11

この確信をもって、私は次のような計画を立てました。まず初めにあなたがたのところへ行くことによって、あなたがたが恵みを二度受けられるようにしようとしたのです。 2コリント1:15

また、船を見なさい。あのように大きな物が、強い風に押されているときでも、ごく小さなかじによって、かじを取る人の思いどおりの所へ持って行かれるのです。 ヤコブ3:4

ボゥロマイとセローとを対比してみると、セローは「私はこう願う」という意味であるのに対し、ボゥロマイは「私はこう計画し、決断する」という意味だと言って良いのです。

結婚相手ということについて考えると、結婚相手としてふさわしい異性は複数でいるはずです。神様が若い青年にこのような人と結婚しなさいと願われる異性は、複数で存在するのです。たとえは不十分であまり適切ではないかもしれませんが、お昼の食事に何を食べることが主の御心だろうかと悩む人がおられるとします。インスタント・ラーメンにしようか、フィッシュ・アンド・チップスにするか。あるいは、テイク・アウトのスシにするか、ハンバーガーにするか。その日の健康状態や体調によって、創造主の御心は、No.1, No.2, No.3と主が願われる順番はあるかもしれませんが、間違ってNo.5のチョイスを選んでしまったからといって、創造主の呪いがくだされるでしょうか?私は、そのようなことはないと思います。セレマの意味で主の願い、みこころNo.1を常に選ぶことができたら理想的ですが、そうならない場合もあります。しかし、主の御心の原則という側面からいえば、選ぶことそのものよりも、重要なことがあります。主の御心を実行するということに関連します。間違ってNo.5のメニューを昼食に選んでしまったとします。でも、感謝のお祈りをして、喜びをもって食べたなら、その人は、主の御心を実践しているひとです。それに対して、もし、セレマの意味で創造主の御心No.1のお昼ご飯を選択したとしても、感謝をせず、別のにしたらよかったのになとブツブツ不平不満を言いながら食べていたとしたら、選んだチョイスは間違っていなかったけど、主の御心を行っていないということになるのです。1テサロニケ5:16-18を見てください。

いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。 1テサロニケ5:16-18

「神があなたがたに望んでおられること」と訳された部分は、英語では、It is the will of God concerning you. と表現されています。

ですから、将来の結婚相手について考えるとき、創造主のセレマの意味での御心、主が願っておられることに則したふさわしい異性は複数でおられます。御心にかなったベターな人々との出会いを積極的に用いていきましょう。

3. 御心の時を知る: 祈りの答え

4. 聖い交際、成熟していく信仰

5. 信仰の指導者たちからの良きアドバイス

6. 御言葉による養い

7. 自分の判断だけで進んで行ってはいないという平安と確信

III. 二人は というこの表現は、結婚する二人には違いがあることを意味しています。次のような違いがあります。

A. 育った環境の違い

B. 考え方の違い

C. 感情の成熟度の違い

D. 性的な違い

男性と女性は、違いをもったものとして創造主により造られました。科学的な観察が進めば進むほど、男女に違いが初めからあることがわかってきました。参考資料をご覧ください。

男性と女性との間にある違い

1.体の細胞、一つ一つが男と女とでは全部違っている。性染色体の組み合わせが全部違う。

2.男性と女性とでは、基礎代謝機能に違いがある。すなわち、食物をとらず、全くの安静状態で必要とされるエネルギーの量に違いがある。細胞一つ一つが小さなモーターで、その一つ一つのモーターを動かすエネルギー量が男と女とでは違う。一般的に女性の方が男性より、低いエネルギーで稼働している。

3.女性は、男性より、生まれつき生命力が強い。染色体の違いから来るのだろうが、概して、女性の方が男性よりも3?4歳長生きする。

4.男性と女性は、骨格が違う。女性の方が頭の頭蓋骨が短く、そのかわり、顔は広い。顎は女性の方が男性より引っ込んでいる。また、女性は男性より、足が短く、胴は長い。指の人差し指が薬指より長い女性が多い。男性は、薬指より人差し指が短い。

5.機能的に女性は男性には備わっていないものを持っている。月経、妊娠、授乳という機能である。そのため、体すべてに影響する違うホルモンを持つ。同じ腺であっても全く違う働きをなす。甲状腺は女性は大きく、活発である。女性の方が甲状腺腫になりやすい。

6.女性は男性に比べ、風邪にかかりにくい。肌はなめらかで、体毛は男性よりも少ない。女性の血液は、男性よりも水っぽい。約20%赤血球が少ない。そのため酸欠になりやすく、気絶しやすい。

7.女性は、男性よりも感情的に不安定になりやすい。

8.心拍数は、女性の方が男性よりも早い。男性は72に対し、女性は80血圧は、女性の方が男性よりは10低い。

9.筋肉のパワーは、男性の平均の方が女性の平均よりも1.5倍強い。しかし、胃、腎臓、肝臓、盲腸、など内臓は体の大きさに比べると、女性の内臓の方が男性の内臓よりも大きめに造られている。肺だけは男性の方が大きい。温度の高低差にも女性の方がより耐えやすくできている。男性に比べると、温度差によって新陣代謝が低下することは、女性の場合少ない。

10.男性と女性とでは、脳の構造が胎児の時から全く違う。右脳と左脳をつなぐ管が男性の胎児の場合、母体内でくびれ、右脳と左脳が連結されていない。女性の胎児は、そのくびれがないため、男性とは違い、右脳と左脳がスイッチを切り替えることをせずとも、右脳と左脳がつながっているため、同時に稼働している。女性の脳は、レーダーのようだ。テーブルの上に全てのものが載せてある。男性の脳は、引き出しがいっぱいあるボックスのようになっていて、一つ一つ仕事が済むと引き出しを閉じ、次の引き出しを開けるように機能する。

米国のあるTV番組のトークショーでの話

 ロマンチックな映画作品によく出演している、有名で、ハンサムな男優に司会者が、次のような質問をしました。 

What makes a great lover? 「女性を最も喜ばす愛人となる秘訣を教えてください。」

 司会者は、当然、カッコイイ、男らしいプレイボーイ、日本語で言えば、イロオトコになる秘訣について聞き出せるだろうと期待して質問しました。ところが、驚いたことに、彼の答えは、次のようなものでした。司会者も、テレビを食い入ってみていた、男性の視聴者たちも、眉をつり上げて驚きました。

 「真に女性を喜ばすことのできる、愛の人、というのは、一人の女性を、一生涯満足させることのできる人のことでしょう。・・・そして、自分も、そのたった一人の女性だけによって満足できる、そういう人のことだと思います。」

 「真に女性を喜ばすことのできる愛の人とは、女性から女性へと、次々に手を出す人のことではありません。そんなことなら、どんなオス犬にだってできることです。」

E. その他 気質、趣味、興味、過去に受けた心の傷、才能、特技においても結婚する両者には違いがあります。離婚原因で一番多いのが、性格の不一致だといわれますが、そもそも、結婚とは、性格だけでなく、気質や趣味、興味、過去に受けた心の傷、才能、特技等においてもまったく違う二人が、一緒になるというケースのほうが多いのです。互いに違う部分があるからこそ、互いの欠けたところを補い合うことができるのではないでしょうか。

?IV. 一体となる(霊、魂、体) 精神的にも、身体的にも一つとなる

A. 一心同体における心の部分

1. 霊的一致

a. 神観 b. 罪観 c. 救いの理解

2. 魂における一致

a. 人生観 b. 結婚観 c. 世界観 d. 死観

B. 同体となる

1. 夫婦生活は、創造主が祝福されご計画なさったこと

2. 互いの体に関する権利についての聖書の教え

しかし、不品行を避けるため、男はそれぞれ自分の妻を持ち、女もそれぞれ自分の夫を持ちなさい。夫は自分の妻に対して義務を果たし、同様に妻も自分の夫に対して義務を果たしなさい。妻は自分のからだに関する権利を持ってはおらず、それは夫のものです。同様に夫も自分のからだについての権利を持ってはおらず、それは妻のものです。互いの権利を奪い取ってはいけません。ただし、祈りに専心するために、合意の上でしばらく離れていて、また再びいっしょになるというのならかまいません。 あなたがたが自制力を欠くとき、サタンの誘惑にかからないためです。 1コリント7:2-5

アクション・ポイント(生活への適用)

1.父母を離れということが、結婚の第一原則です。既婚者の方は、父母から自立していない場合、相手に対し、どのような迷惑をかけるかを考えてみましょう。又、独身者の方は、結婚に備えて自分がどのような点で、父母から自立する必要があるか考えてみましょう。

2.自分とは様々な面で違う人と「一つとなる」ということが結婚です。既婚者のあなたの場合、どうでしょう。どのような違いがありますか。独身の方は、ご自分の両親の違いについて考えてみましょう。また、独身の方は、どのようなタイプの人と自分はうまくやっていけないと感じていますか。

3.この創造主が御言葉の中で示しておられる結婚についてのオリジナル・デザインの教えをどなたかにお伝えしたいと思われますか。どなたに伝えたいですか。その方に、お伝えする際、主の恵みの福音についてもお分かちしましょう。



男と女 (1)

070624 Christchurch JCF       男と女(1)     (創世記2:18-25)
                                                                     牧師 池田 豊



その後、神である主は仰せられた。「人が、ひとりでいるのは良くない。わたしは彼のために、彼にふさわしい助け手を造ろう。」神である主が、土からあらゆる野の獣と、あらゆる空の鳥を形造られたとき、それにどんな名を彼がつけるかを見るために、人のところに連れて来られた。人が、生き物につける名は、みな、それが、その名となった。こうして人は、すべての家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名をつけたが、人にはふさわしい助け手が、見あたらなかった。そこで神である主が、深い眠りをその人に下されたので彼は眠った。それで、彼のあばら骨の一つを取り、そのところの肉をふさがれた。こうして神である主は、人から取ったあばら骨を、ひとりの女に造り上げ、その女を人のところに連れて来られた。すると人は言った。「これこそ、今や、私の骨からの骨、私の肉からの肉。これを女と名づけよう。これは男から取られたのだから。」それゆえ、男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となるのである。そのとき、人とその妻は、ふたりとも裸であったが、互いに恥ずかしいと思わなかった。創世記2:18-25



[導入]     



1. 『仏本行集経(ぶっぽんぎょうしゅうきょう)』「捨官(しゃかん)出家品(しゅっけぼん)」にはこう教えられています。
「世には不浄で多くの迷惑があるが、女人の身の性質より、はなはだしきはなし。」
2. 『相応部経典(そうおうぶきょうてん)』の教えはこうです。
「女人は『清らかな行い』の汚れであり、人々はこれに耽溺(たんでき)(中毒になりおぼれること)する」
3. 『転女身経(てんにょしんぎょう)』にはこう教えられています。
「女のからだのなかには、百匹の虫がいる。つねに苦しみと悩みとのもとになる。(中略)この女の身体は不浄の器である。悪臭が充満している。また女の身体は枯れた井戸、空き城、廃村のようなもので、愛着すべきものではない。だから女の身体は厭い(いとい)(エン、オン、いやになる、あきる)棄て去るべきである。」
4. 阿含経一の巻二十一丁にはこう書いてありました。 「男が一度女性を見れば、永久に地獄に堕ちる。いわんや、一度女性を犯せば必ず無間地獄に堕ちる」 これは、仏教徒の男性は、女性と一切セックスしてはいけないという教えです。正統派の仏教では、結婚することを禁止しています。夫婦間であっても男女の性的交わりを、すべて邪悪なことと決めつけているからです。
5. 法華経第五の巻、薬草喩品(やくそうゆぼん)に、五障三従の教えという仏教の有名な教えがあります。 五障とは、「女の人は?梵天、?帝釈天、?魔王、?転輪聖王、?仏身になれない。」という意味の教えです。梵天、帝釈天、魔王になりたいという女性はおられますか????はならなくてもいいでしょうが、?はどうでしょう。これは、女性がどんなに修行しても悟りを開くことができない、仏にはなれない、成仏できない、という意味です。
三従とは「女は幼児期、父母に従え、嫁いだら夫に従え、老いたら子に従え」ということで、女性は終生独立することは許されないという隷属生活を命じた教えです。女性を非常に馬鹿にしている教えです。
6. 大阿弥陀経、本願の第二願の教えには次のような言葉がありました。 「女はいかに念仏を唱えても、阿弥陀の極楽浄土には入ることができない。」また第四十七願にはこう書いてありました。「転女男成」、第四十八願には、「滅後男成」とあります。これらは、つまり、女が極楽浄土に入りたかったら、男に生まれ変わってこいということなのです。女性のままでは絶対に救われないというのが仏教の正統的な教えです。
7. 仏教の涅槃経には次のような文章があります。二十一巻「三千世界の男の煩悩をすべて集めたものが、一人の女の業障(仕業に対するタタリ)に等しい」、二十三巻「女性は、大魔王である。一切の人を食い尽くし、この世において、男にまつわりつき、来世成仏の妨げとなり、仇敵(きゅうてき)となる。」
8. 一切如来金剛三業秘密大教王経の教えには、次のように記されています。 「祈りが聞かれるための条件は、毎日センダラ階級の処女と性交することである。」*センダラ(賤民)とは梵天の足から生まれたというヒンズー教のカーストにおける最下層の人々のことです。バラモン(僧侶)は梵天の頭から、セッテリ(王と武士)は胸から、ビシャ(平民)は腹から生まれたとされます。お祈りがかなえられるため、最下層の女性、しかも処女を毎日、レイプしてでもセックスしなさいという命令がこのお経の教えです。
自己紹介する時、日本人の女性の方で、「私は仏教徒です。」と平気でおっしゃる方がいますが、今、私がここに申し上げたような、仏教経典の教えを知っていて、仏教徒だとおっしゃっているのだろうかと私は疑問に思います。



今日と来週、二回に分けて、創造主の御言葉である聖書から、「男と女」について学びたいと思います。今日は、「人が独りでいるのは良くない」と創造主がおっしゃったこと、そして、アダムが全ての生き物に名前をつけたということ、最後に、アダムのあばら骨からエバが造られたことについて学びます。



I. 人が独りでいるのは良くない (2:18)
A. ヨイ、ヨイ、ヨイの良い、良い、良い と創造主は世界のいろいろなものを創造されて後、言われました。
創世記1:12 それで、地は植物、おのおのその種類にしたがって種を生じる草、おのおのその種類にしたがって、その中に種のある実を結ぶ木を生じた。神は見て、それをよしとされた。
創世記1:18 また昼と夜とをつかさどり、光とやみとを区別するようにされた。神は見て、それをよしとされた。
創世記1:21それで神は、海の巨獣と、その種類にしたがって、水に群がりうごめくすべての生き物と、その種類にしたがって、翼のあるすべての鳥を創造された。神は見て、それをよしとされた。



ここまで、よい、よい、よいと言ってこられた創造主は、人間がご自身の御かたちに似せて造られたので、こうおっしゃいました。
創世記1:31 そのようにして神はお造りになったすべてのものをご覧になった。見よ。それは非常によかった。こうして夕があり、朝があった。第六日。神は見て、それをよしとされた。
B. 人という字、人間という文字は、人と人の間という意味です。独りでは、ヒトではあっても人間にはなりません。
C. 聖書の中で、創造主が良くないとおっしゃっている例が伝道者の書 4:9-12にもあります。
ふたりはひとりよりもまさっている。ふたりが労苦すれば、良い報いがあるからだ。どちらかが倒れるとき、ひとりがその仲間を起こす。倒れても起こす者のいないひとりぼっちの人はかわいそうだ。また、ふたりがいっしょに寝ると暖かいが、ひとりでは、どうして暖かくなろう。もしひとりなら、打ち負かされても、ふたりなら立ち向かえる。三つ撚りの糸は簡単には切れない。 伝道者の書4:9-12
D. 結婚の基本に、次の三つの大切なことがらがあります。
1. フレンドシップ  2. パートナーシップ  3. コミュニケーション



II. アダムはすべての生き物に名前を付けた (2:19-20)
A. アダムは動物の種を識別する能力を持っていた    
学問は、対象を識別、分類し、名前を付けることから始まると言われます。
B. コンピューターの人工知能研究最大の課題の一つは、コンピューターが文字、人間の顔や、人間の声をどれだけ認識できるかということでした。
C. 群馬大学内分泌研究所所長・教授 黒住一昌博士に私がお会いしたとき、先生はこうおっしゃっていました。   
「解剖学者は、人間や動物の体の隅々まで、小さな構造にも、一つ一つ名前を付るので、それを記憶しなければならない学生たちはかわいそうだとお叱かりを受けることが多いが、実は名前をつけるところから学問は始まるのです。生物学においては、分類学からことが始まり、医学は、解剖学から学びが始まります。」 アダムが一番最初にしたこと、それは、名前をつけるということだったという事実は、人間が創造主に似せて、知性を持った者として創造されたことを明確に裏付けるものです。哲学の分野でも、認識論、エピスティモロジーは非常に重要なものと理解されています。
D. ふさわしい助け手が見あたらなかった
アダムは、創造主がご紹介下さった生き物すべてを正確に認識し、名前をつけました。つまり、それぞれの特徴を全部理解した後、このような結論に達したのです。ふさわしい助け手がいなかった。つまり、自分と同じような特徴をもった生き物がいないというのです。オランウータンやチンパンジーでは、だめだったのです。アダムのパートナーとしてふさわしくなかったのです。種類が違っていたからです。
1. 助け手=エゼル
助け手と日本語に訳された言葉は、エゼルというヘブル語です。
2. アシスタントではない
このエゼルという言葉は、単にアシスタントや助手というような意味では決してありません。実は、この用語は、自分ではできないことをしてくれる人。他の何者にも替えることのできない、「かけがえのない助け手」と言う意味なのです。
3. エリエゼルという名前が聖書に登場してきます。
a. アブラハムのしもべ 
そこでアブラムは申し上げた。「神、主よ。私に何をお与えになるのですか。私にはまだ子がありません。私の家の相続人は、あのダマスコのエリエゼルになるのでしょうか。」 創世記15:2
b. モーセの二人の息子 
さて、モーセのしゅうと、ミデヤンの祭司イテロは、神がモーセと御民イスラエルのためになさったすべてのこと、すなわち、どのようにして主がイスラエルをエジプトから連れ出されたかを聞いた。それでモーセのしゅうとイテロは、先に送り返されていたモーセの妻チッポラとそのふたりの息子を連れて行った。そのひとりの名はゲルショムであった。それは「私は外国にいる寄留者だ。」という意味である。もうひとりの名はエリエゼル。それは「私の父の神は私の助けであり、パロの剣から私を救われた。」という意味である。 出エジプト18:1-4
1. ゲルショムという名前は、外国にいるよそ者、寄留者という意味です。
2. エリエゼルという名前は、 創造主は私の助けであるという意味です。ですから、夫にとって、妻は、創造主と同じように大切な助けだというのが聖書の教えです。



III. アダムのあばら骨から女が造られた(2: 21-22)
A.主はアダムに深い眠りをくだされた 手術前の麻酔?
B.あばら骨が用いられた意味(解剖学の科学的見地から)
1. 助骨は二つの部分から成り立っている
2. 助骨のように、短い骨の骨髄は、赤色骨髄である
その特徴:盛んに細胞分裂をして、急速に増殖するのが骨髄細胞です。
3. 放射線は急激に増殖する細胞を選択的に侵すものです。
原子爆弾でも、原子力発電所の事故でも犠牲者は、骨髄を侵され、急激な貧血をおこすことがわかっています。救う方法としては、骨髄移植以外にないのです。
4. 骨髄細胞は盛んに分裂増殖するので、細胞培養によってモノクローン抗体を造る時に利用されている。
C. 男のあばら骨が用いられた意味(霊的社会的見地から)
1. 医師(イーシュ)と医者(イッシャー)が似ているように、男と女とは創造主の御前では等しく尊いのです。冒頭に申し上げた仏教の教えとは全く違います。
she shall be called woman, because she was taken out of man: her name was "Ishah," because taken from "Ish," as "vira" in Latin from "vir," and "woman" in our language from "man". John Gill's Expositor
むかし、中学校で初めて英語を学び始めた頃、私たちは、女性、womanという英単語を覚えようと語呂合わせでこう言ったものです。「子供を産むのに“産―まん”とは、これいかに??」 マンからとられたので、ウー・マンという意味だったのですね。
2. ユダヤ教のラビによる説明 ユダヤ教の教師たちはずいぶん勝手なことを言っています。
創造主は女をアダムの頭の骨から造らなかった。女が支配的にならないためである。又、目から造らなかった。女が情欲を持たないためである。耳からも造らなかった。好奇心を抑えさせるためである。口からも造らなかった。それは、女がおしゃべりにならないためである。心臓からも造らなかった。嫉妬しないためである。又、手からも造らなかった。どん欲にならないためである。足からも造らなかった。それは、女が歩き回って、いらぬことをしないためである。主は、女をアダムのあばら骨から造られた。その理由は、あばら骨が隠されていて、外からは見えない部分だからである。つまり、あばら骨同様、女にとっては、ひかえめであること、奥ゆかしさこそ、女としての第一の特性としなければならないからである。
*ずいぶん女性に対して押しつけがましい、勝手な要求しほうだいという解釈ですね。
3. マシュー・ヘンリー注解書にみる説明
女は、アダムの脇腹、あばら骨から造られた。男を牛耳るべく、彼のあたまからではなく、さりとて、男に踏みつけられるようにと彼のかかとから造られたのでもない。そうではなくて、彼の脇から造られた。男と同等の者として女は造られた。彼の腕によってかばわれるように、まもられるように、彼の心臓に一番近くあるように。・・・このことは(他の箇所でもそうであるが)、アダムは、やがておいでになるキリストを示す影であり、第二のアダムであるキリストとキリストの花嫁、教会との関係をアダムとエバが象徴的に表していることを示す。キリストが眠りにつかれた時、十字架の死という深い、深い眠りに落ちたもうた、その時、キリストの脇腹が開けられ、血と水が流れ出た。血はその教会を得るための代価として支払われ、水は、教会を御自身にふさわしいものと聖めるために流されたのである。#エペソ5:25-26を参照せよ。
That the woman was made of a rib out of the side of Adam; not made out of his head to rule over him, nor out of his feet to be trampled upon by him, but out of his side to be equal with him, under his arm to be protected, and near his heart to be beloved. ……. In this (as in many other things) Adam was a figure of him that was to come; for out of the side of Christ, the second Adam, his spouse the church was formed, when he slept the sleep, the deep sleep, of death upon the cross, in order to which his side was opened, and there came out blood and water, blood to purchase his church and water to purify it to himself. See #Eph 5:25,26.
あなたがたは自分自身と群れの全体とに気を配りなさい。聖霊は、神がご自身の血をもって買い取られた神の教会を牧させるために、あなたがたを群れの監督にお立てになったのです。  使徒20:28
しかし、兵士のうちのひとりがイエスのわき腹を槍で突き刺した。すると、ただちに血と水が出て来た。  ヨハネ19:34



世に勝つ者とはだれでしょう。イエスを神の御子と信じる者ではありませんか。このイエス・キリストは、水と血とによって来られた方です。ただ水によってだけでなく、水と血とによって来られたのです。そして、あかしをする方は御霊です。御霊は真理だからです。あかしするものが三つあります。御霊と水と血です。この三つが一つとなるのです。もし、私たちが人間のあかしを受け入れるなら、神のあかしはそれにまさるものです。御子についてあかしされたことが神のあかしだからです。 1ヨハネ5:5-9
夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたように、あなたがたも、自分の妻を愛しなさい。キリストがそうされたのは、みことばにより、水の洗いをもって、教会をきよめて聖なるものとするためであり、ご自身で、しみや、しわや、そのようなものの何一つない、聖く傷のないものとなった栄光の教会を、ご自分の前に立たせるためです。 エペソ5:25-27
D. 男から女が造られたのであり、女から男が造られたのではない証拠(細胞生物学的見地から)
1. 男女の違いを決定しているのは、一対の染色体です。
2. 人間の染色体は、46個で、22対の常染色体には男女の差はないそうです。
3. しかし、性染色体は、男XY、女XXと違いがあります 
4. もし、主が、女から男を造られたとしたら
女性の細胞にはY染色体がない。男が造られるためには新たなる創造の御業が必要となってしまいます。
5. しかし、男から女が造られる場合には、男の性染色体XYのうち、Xだけを取り出し、二倍にすれば、簡単にアダムの細胞からイブが造られることになります。
6. 染色体の倍加は、細胞分裂のたびごとに起こっていることで何でもないことだと黒住博士はおっしゃっていました。エバは、アダムのいわばクローン人間だったといってもよいでしょう。



アクション・ポイント(生活への適用)
1.創造主が、人を「男と女」とにお造りくださった目的について考えましょう。
2.女が、男にとってエゼル(助け手)であるというは、妻が夫の単なるアシスタントやアゴでこき使われる奴隷のようなものではありません。エリエゼル、創造主は私の助け手と言う名を考えればその正しい意味を理解する助けとなります。このことについて他の人と語り合ってみましょう。
3.キリストが十字架で血と水を脇腹から流し、あなたの罪のために死んでくださったことをお聞きになり、創造主に感謝し、イエスキリストをあなたの救い主として信じお受け入れなさいませんか。
4.聖書の御言葉が真理であることを確信いたしましょう。現代の最先端科学は、聖書の記述を否定するどころか、科学の発達がなされればなされるほど聖書の真実性を証拠だてることを他の人々にもお伝えしましょう。
5.男、アダムから女エバは造られましたが、すべての男は、女性である母から生まれるのです。これは、創造主の深い智恵とご配慮によるものです。1コリント11:11-12を読み、他の人と語り合ってみましょう。



エデンの園

070617            エデンの園        (創世記2:4?17)



於クライストチャーチJCF                                   牧師 池田 豊



これは天と地が創造されたときの経緯である。神である主が地と天を造られたとき、地には、まだ一本の野の潅木もなく、まだ一本の野の草も芽を出していなかった。それは、神である主が地上に雨を降らせず、土地を耕す人もいなかったからである。ただ、霧が地から立ち上り、土地の全面を潤していた。その後、神である主は、土地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。そこで、人は、生きものとなった。神である主は、東の方エデンに園を設け、そこに主の形造った人を置かれた。神である主は、その土地から、見るからに好ましく食べるのに良いすべての木を生えさせた。園の中央には、いのちの木、それから善悪の知識の木とを生えさせた。一つの川が、この園を潤すため、エデンから出ており、そこから分かれて、四つの源となっていた。第一のものの名はピションで、それはハビラの全土を巡って流れ、そこには金があった。その地の金は、良質で、また、そこには、ブドラフとしまめのうもある。第二の川の名はギホンで、クシュの全土を巡って流れる。第三の川の名はヒデケルで、それはアシュルの東を流れる。第四の川、それはユーフラテスである。神である主は、人を取り、エデンの園に置き、そこを耕させ、またそこを守らせた。神である主は、人に命じて仰せられた。「あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるその時、あなたは必ず死ぬ。」  創世記2:4-17





エデンとは「歓喜」を意味する言葉です。法華経の第七巻、化城喩品(けじょうゆぼん)には、大通智勝仏(だいつうちしょうぶつ)という人のことが記されています。この人には16人の息子がいたそうです。そのうちの一人が、インドのお釈迦様、ゴータマシッダルタで、もう一人が阿弥陀さまだということです。また、もう一人アシュクという人がいますが、この人が阿閦=不動、原語のAksobhyaは「ゆるぎない」という意味の仏です。このアシュクが東方の歓喜国にいると書いてあります。エデンといってもよいでしょうか。法華経に記されている、この一連の人々は、歴史的に立証可能な人々のことではありません。そうではなく、かぐや姫や、ウルトラマン、ドラえもんと同様、作者、おそらく龍樹、ナガーラジュナの頭の中で作り上げられた、架空の物語に登場する、キャラクターたちと考えて間違い有りません。



一方、聖書の記述は、歴史的な事実の記録です。想像力を働かせて作り上げたお話ではありません。宇宙の全てのものを生み出す創造の御業に主は、「良し」と仰せられましたが、人間が創造されたときにだけ「非常に良かった」と記されています。





  I. イエスorノーあなたはどう思いますか?  (2:4-9)



A. 創世記2章にでてくる園の名はエデンという。  □YES □NO



答え:園の名前がエデンなのではなく、エデンという地の東に園をもうけられたようです。英語では、The Lord God planted a garden eastward in Eden.



B. 1章では、植物が人の創造の3日前になされているのに、2章では、人の創造(1:26)の後でも植物がなかったように書いてある。(2:5)これは、聖書に矛盾があることの証拠である。  □YES □NO



答え:そうではなく、一章で創造の概略を記した後、二章は創造された作品の一つ一つを補足解説している記述です。映画でも、最初に全体のストーリーを描写してから、フラッシュバックのように過去のシーンにもどり詳しく物語の説明をするようにストーリー展開がなされるものがあります。それと同じです。



C. 人が創造された当初は、雨が降ることがなかった。 □YES □NO



答え:雨が降るためには空気中の水蒸気が集まるための雨核となる埃の固まりが必要ですが、創造の最初にはそのようなものが大気中に無かったようです。ノアの大洪水の時に、皆さんはいきなり、雨が降ったかのように思っておられるかもしれませんが、聖書を注意深く読んでみてください。最初に雨が天から降ってきたのではありません。地の底から水が噴き出したとあります。おそらく、火山活動や、地震などが伴ったと考えられます。そのとき、火山灰の塵が空気中に吹き上げられ、雨核となったと考えられます。それで雨が降るようになったと創造論に立つ科学者たちは考えています。ですから、ノアの洪水前の世界は、雨が降らなかったのです。



D. 1章では、人間が無から創造されたように言っていながら、(1:27)2章では、既に創造してあったチリを材料に神が人間を創造したと言っている。これも明らかな矛盾である。      □YES □NO



答え:1:27では、バーラーと言う動詞、2:7では、ヤーツァールという動詞が用いられています。大地の塵で陶器が練り上げられて形作られるように、人間の肉体は造られました。しかし、あなたのあなたである部分、霊と魂は、何かの材料をもとにこしられられるのではありません。無からバーラーされる、創造されたのです。ですから、あなたがご臨終ですとお医者さんに言われて、息を引き取ってあなたの体が大地の塵にもどされても、あなたの霊と魂は創造主の御前で責任あるものとして存在し続けるのです。死はすべての終わりではありません。すべてが無であり、空であるというのは創造主を無視したときに行き着く帰結です。創世記1章と、2章の記述は矛盾ではありません。あなたの肉体そのものが、あなたの霊、魂なのではありません。創造主は区別して創造しておられます。ですから、身体に障害を持つ方がおられたとしてもその方の人間としての存在価値は、霊、魂のゆえに他の人と等しく尊いのです。最近、医療技術の発達により、お母さんのおなかの中に宿った赤ちゃんが、誕生前に身体的な障碍をおもちだということがわかったり、ダウン症のような病気をもった赤かちゃんであることがわかるようになりました。その結果、そのような赤ちゃんは、生まれる価値がないというので、出産前に堕胎し殺してしまう場合があります。それは、進化論的な適者生存、自然淘汰の考えで、生きる資格のある人と無い人との善悪を人間が勝手に決めてしまうことです。その考え方には、人間が肉体だけの存在で、霊と魂が創造主によって無から創造されたという聖書の主張を拒否する傲慢さが表わされています。



E. 善悪を知る知識の木の実とは、リンゴのことである。□YES □NO



答え:果実の種類名は記されていません。



F. エデンの園には四本の河があったとされている。   □YES □NO



答え:一本の河が四本に分かれていました。



G. 人はエデンの園で働かずただ歌を歌い楽しんでいた。□YES □NO



答え:人間には園を耕やし、またそこを管理する責任が与えられていました。



H. 人は、園のどの木からも実をとって食べる許可をもらっていたが、当初、食べてはいけないと言われた木が二本だけあった。  □YES □NO



答え:善悪の知識の木からだけ取って食べてはならないと言われていました。



I. 神は、人が禁断の木の実を食べたら「必ず死ぬ」と言ったのに、アダムは、食べた後も、のたうち回って死んだりせず、930歳まで生きて、死んだではないか。(5:5) 聖書は、矛盾だらけの本だ。アダムの年齢だってホントかどうか。これは、神話として、おとぎ話のように理解すべきだ。    □YES □NO



答え:聖書が「死ぬ」と言うときは、「分離」を意味します。肉体の死は、霊・魂が肉体から離れることを、つまり分離のことを意味しています。しかし、人間が、禁断の木の実をとって食べたときに、霊的に創造主との親しい関係から分断、分離され、霊的な死を経験したのです。その結果、肉体も死を経験しなければならないことになりました。人間の寿命については、ノアの時代に起こった大洪水について学ぶときに詳しくみたいと思います。聖書の中に記された記述は、法華経とは違って、おとぎ話や、作り話のようなものではありません。歴史的に真実な記録です。





II. 人間は創造主のみかたちに似せて創造された (1:26-27; 2:7)



A. 創造主のみかたちとは、何か



1. TSELEM (ラ語imago;ギ語eikon) 構成、形、影、機構



"shape, resemblance, figure, shadow." shade; a phantom, (figuratively) illusion,  resemblance; a representative figure, especially an idol





2. DEMUTH(ラ語similitudo;ギ語homoiosis) 抽象性、永遠志向性、道徳性 resemblance; concretely model,  shape; adverbially



like:--fashion, likeness, manner, similitude.



B. TSELEMの意味で三位一体の唯一の創造主に似せて造られた人間



人間は、三位一体の創造主に似せて造られています。



1. 1テサロニケ5:23



平和の神ご自身が、あなたがたを全く聖なるものとしてくださいますように。主イエス・キリストの来臨のとき、責められるところのないように、あなたがたの霊、たましい、からだが完全に守られますように。 1テサロニケ5:23



2. ヘブル4:12



神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。 ヘブル4:12



3. ヨブ27:3



私の息が私のうちにあり、神の霊が私の鼻にあるかぎり、 ヨブ27:3



4. ヨブ33:4 



神の霊が私を造り、全能者の息が私にいのちを与える。 ヨブ33:4



5. ヨブ34:14-15



もし、神がご自分だけに心を留め、その霊と息をご自分に集められたら、すべての肉なるものは共に息絶え、人はちりに帰る。 ヨブ34:14-15



日本語では、肉体の死を迎えるときに、「息を引き取る」という表現を用います。このことからも、人間は、肉体を大地の塵で形作られ、霊・魂は創造主の息を吹き込まれ、いのちが与えられ生きる者とされたのです。ベンツや、トヨタ、ホンダの自動車もガソリンが満タンにはいっており、最高級のエンジンが搭載されていたとしても、最初、点火プラグに火花が散らなければただの箱です。人間も創造主によっていのちの息が吹き込まれ、はじめて生きる者とされるのです。その意味で、バーラー、あなたは無から創造されたのです。あなたの肉体は、また土に帰り、リサイクルされます。



また、人間は、男と女とに創造され、二人が結婚して一体となる、一つとなると聖書は、言います。実は、この「一体となる、一つとなる」と翻訳された言葉が、聖書の「創造主は唯一である」と言うときの、唯一という語と同じ言葉なのです。Echad エカッドという語です。



聞きなさい。イスラエル。主は私たちの神。主はただひとりである。申命記6:4



口語訳聖書では、こう訳されています。



イスラエルよ聞け。われわれの神、主は唯一の主である。 申命記6:4



それゆえ、男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となるのである。創世記2:24



この言葉は、単一という意味の一つではなく、厳密にいえば一組という意味です。父、御子、御霊の三つの主が、一組でユニークな唯一の創造主を意味するというのです。それと同様に、イエス・キリストによって結ばれた男性と女性が結婚し、この三つが一つとなる。これが結婚です。そして、この結婚したカップルは、ユニークな人類の歴史上他に一つとして同じカップルがない、唯一の夫婦なのです。このTSELEMの意味において人は、機構、構成、かたちの上で創造主に似せて造られたのです。





C. DEMUTHの意味で、人は、創造主の属性と一部、似た部分を制限されたかたちではありますが、分け与えられました



1. 自由意志を持つ者として(制限されているが自由を与えられた)



2. 知恵を持つ者として、知識を求めるものとして



3. 感情を持つ者として、しかも自分の感情を制御できる者として



4. 愛と聖さ、正義、美を追求する者として



5. 永遠を求め、意識する者として人間は創造されました。



  伝道者の書3:11



神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠への思いを与えられた。しかし、人は、神が行なわれるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。 伝道者の書3:11



6. 人生の目的、意義を見いだそうと創造主を求める存在として



7. 創造的なことがらを求める者、絶えず向上することを追求する者として



D. 神殿や宮を建てたら、最終的に行うことはなんでしょう?



ご本尊(像)を安置することですね。



創造主は宇宙を創造し終えたとき、創造の完成として、ご自身の像を置かれました。宇宙が神殿だとして、ご本尊はなんだと思いますか?





III. 潤す水を創造主はあらかじめ用意された (2:10?14)



A. 一つの河が園のすべてを潤していた



あなたの人生を潤すのは、天地宇宙を無から造られた、三位一体の、唯一なる創造主です。



B. その河は、四つに別れ、流れていた



この創造主によってあなたの人生はあらゆる必要が満たされます。



1. ピション=湧き出る いのちの泉 アラビヤ地方



湧き出るいのちの水を与えられます。



2. ギホン=吹き出す 勢いを与える クシュ;エチオピア



疲れ果て、へとへとになったときも勢いが与えられます。



あなたは知らないのか。聞いていないのか。主は永遠の神、地の果てまで創造された方。疲れることなく、たゆむことなく、その英知は測り知れない。疲れた者には力を与え、精力のない者には活気をつける。若者も疲れ、たゆみ、若い男もつまずき倒れる。しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。 イザヤ40:28-31 



3. ヒデケル=急流 敏速さ、広範囲を潤すこと アッシリアの東



あなたの人生全般、広範囲に創造主の恵みはあなたを潤します。あなたには欠けるところ、乏しいところがなくあらゆる境遇に対処する秘訣を与えられます。



主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。 詩篇23:1



乏しいからこう言うのではありません。私は、どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。私は、貧しさの中にいる道も知っており、豊かさの中にいる道も知っています。また、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、あらゆる境遇に対処する秘訣を心得ています。 ピリピ4:11-12



4. ユーフラテス=甘美 潤いある豊かさの象徴 アッシリア



私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の赦しを受けているのです。これは神の豊かな恵みによることです。 エペソ1:7



しかし、神は、さらに豊かな恵みを与えてくださいます。ですから、こう言われています。「神は、高ぶる者を退け、へりくだる者に恵みをお授けになる。」 ヤコブ4:6 



C.生けるいのちの水の泉があなたを潤すために準備されている



1. ヨハネ4:13-14 



イエスは答えて言われた。「この水を飲む者はだれでも、また渇きます。しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」 ヨハネ4:13-14



2. ヨハネ19:28



この後、イエスは、すべてのことが完了したのを知って、聖書が成就するために、「わたしは渇く。」と言われた。 ヨハネ19:28



イエス・キリストが私たちの罪のために身代わりとなって十字架にかかり、本来私たちが受けなければならなかった永遠の滅びという、地獄の炎に入れられ渇く苦しみを代わりに受けてくださったのです。そのために主は十字架の上で、「わたしは渇く」と言われたのです。



3. 黙示録22:16-17



「わたし、イエスは御使いを遣わして、諸教会について、これらのことをあなたがたにあかしした。わたしはダビデの根、また子孫、輝く明けの明星である。」御霊も花嫁も言う。「来てください。」これを聞く者は、「来てください。」と言いなさい。渇く者は来なさい。いのちの水がほしい者は、それをただで受けなさい。 黙示録22:16-17





IV. 耕し、守る責任が人間に与えられた (2:15?17)



A. 耕す責任 収穫を得るために



B. 守る責任 適切な手入れや管理をし、環境を万全な状態に保全し、育てることも含まれる





最後に・・・



創造主は宇宙を創造し終えたとき、創造の完成として、ご自身の像を置かれました。宇宙が神殿だとして、ご本尊はなんだと思いますか?



そうです。人間です。創造主の御かたちに似せて造られた人間が、創造の完成のピリオドとして置かれたのです。ある意味で、あなたも私も創造主にとっては、宇宙で一番大切な宝物のような貴重品です。だから神の像である私たちが、被造物や人間が自分の手でこしらえた偶像を拝んでいてはおかしいことなのです。



創造主が、ご自身を信じる契約の民、イスラエルに対して語られたこの愛の告白をお聞きください。



「その時、・・主の御告げ。・・わたしはイスラエルのすべての部族の神となり、彼らはわたしの民となる。」主はこう仰せられる。「剣を免れて生き残った民は荒野で恵みを得た。イスラエルよ。出て行って休みを得よ。」主は遠くから、私に現われた。「永遠の愛をもって、わたしはあなたを愛した。それゆえ、わたしはあなたに、誠実を尽くし続けた。」 エレミヤ31:1-3



わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。 イザヤ43:4a





わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。



結婚しておられる方々は、あなたのパートナーにこのような愛の告白の言葉を語ったことがありますか?



「世界で、いや、人類の歴史上、宇宙一すばらしい、大切な人は、あなた一人です。」と、



創世記で、創造主が結婚する二人に語っておられる、「二人は一体となる」という言葉の背後には、そのような意味があるのです。





サイモンとガーファンクルという二人の若者が昔、ヒット曲を出しました。



覚えている方はおられますか?日本語では、「明日に架ける橋」という曲名でした。英語ではBridge over  troubled waterという曲名でした。



ポール・サイモンがこの曲を書いたとき、最初アーティーは自分では歌いたくないといって、「ポール、君自身が歌ったらどうかい」と勧めていたそうです。結局アーティが歌うことになったのですが、ポールは後に非常に悔やむことになりました。コンサートでアーティが歌うときは聴衆はいつも一番の大歓声。ポールはアーティーが歌っている間「ありがとう、みなさんこれは僕が書いた曲なんだ」と自分に言い聞かせなくてはならなくなってしまった。このことが二人を解散させるきっかけの一つだとも言われているそうです。解散後、セントラルパークで一時的に再結成コンサートをおこなった時にもこの曲が歌われました。でも、ポールにはまだこだわりがあったようで、アーティが歌っているときポールは全く出てこないし、ギターも弾いていません。



このようにサイモンとガーファンクルにとって、曲の内容とは裏腹に二人を別れさせる原因の一つとなってしまった曲ですが、皮肉にも、彼らのヒット曲の中でも最大のヒットとなった曲です。





アルバム発売と同時にこの曲はシングルカットされ1970年2月28日から6週連続No.1を獲得。アルバムの方は、全米アルバムチャート1位を10週に渡って独走。イギリスでは何と7ヶ月もの間1位にいて1100万枚ものセールスを記録する大ヒットアルバムとなったのです。その年に計6個のグラミー賞も獲得していて、ビートルズでさえ同時期に発売した「レット・イット・ビー」が「明日に架ける橋」におされて3/11に初登場6位でした。「レット・イット・ビー」が一月後の4/11まで1位になれなかったのは「明日に架ける橋」がヒットし続けていたからです。日本でも当時26万枚を売り上げる大ヒットとなった曲です。





この「Bridge Over Troubled Water」というフレーズは実はポールの発案ではありません。1940年代から50年代にかけて活躍した黒人のゴスペルグループ「THE SWAN SILVERTONES」のヒット曲「Oh Mary Don't You Weep」のなかで、当時メンバーだった世界最高のファルセットテナーとしてポール・サイモンが尊敬する、ジター牧師が歌った「I'll be a bridge over deep water if you trust my name」にヒントを得て作られたものです。





この事実を、インターネットに発表しておられる、トキオさんは、こう締めくくっておられます。



http://www5f.biglobe.ne.jp/~gospel/a-column201/column/rock/1069599351.html





さらにこの曲は、よくキャロルキングの「君の友だち」と同様友情を表していると思われがだが、"I" を(God) Jesusとした方がピッタリとくる。



困難に直面した時に真の慰めを与えてくださるのは、イエスだけであるからである。直接「Bridge Over Troubled Water」というフレーズは聖書にないが、いたるところで神が私たちの苦難に対して慰めてくださることが、書かれている。たとえば、第二コリント人への手紙の1章4節に



神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。



とある。「Bridge Over Troubled Water」はこの通りまぎれもなく神への賛美である。





歌詞を日本語に訳してみましたのでお聞きください。





君が疲れ果て、 消え入りそうになった時



目に涙があふれる時、僕がその涙を拭ってあげよう 



僕は君の味方だよ そばについていてあげよう



きびしい状況になった時



頼れる友が、一人もいないそんな時



激流となって流れる川に架けられた橋のように



僕は、君のために この身を投げ出そう





君が落ち込んで、何もする気力がなくなった時



君が町の通りに出て黄昏がせまり、やるせなく思う時 



僕が、君を慰めてあげよう



暗闇が襲ってくる時そして、回り中から傷つけられ、痛みうめく時



激流となって流れる川に架けられた橋のように



僕は、君のために この身を投げ出そう





幸せに向かって帆を張るんだ、銀の乙女よ



帆を張って、出航するんだ 



君の輝くべき時がきた



君の望みが全て、かなえられる時が 



まばゆいばかり輝いて、夢が実現するのをご覧



君に友が必要なら、ほら、君のすぐ後ろに、



僕が船を走らせているよ



激流となって流れる川に架けられた橋のように



僕が、君の心に 安らぎをあげよう



激流となって流れる川に架けられた橋のように



僕が、君の心に 安らぎをあげよう





結婚しておられない方や、現実の結婚生活で問題を感じておられる方は、私たちを創造してくださったイエス・キリストが私たちに真実の愛を注いでおられることに気づいてください。



「永遠の愛をもって、わたしはあなたを愛した。それゆえ、わたしはあなたに、誠実を尽くし続けた。」 「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」



そうイエスさまは、あなたに向かって語りかけておられます。イエスさまこそ、あなたの人生の嵐の吹きすさぶ中、濁流が流れる川の上に架けられた橋のように、あなたのためにご自分の命を捨てて、文字通り身を投げ出し、十字架に架かってくださったお方なのです。







アクション・ポイント(生活への適用)



1.自分が創造主のみかたちに似せて創造されたものであり、宇宙という神殿のご本尊、ご神体のようなものとして、本来とても価値ある、重要な存在として造られ、エデン(歓喜)の園に置かれた者であるということについてどう思いますか。



2.生けるいのちの水を、私は創造主よりお受け取りしたということがおありですか。黙示録22:16-17の御言葉によれば、それは手に入れにくいものでしょうか。それとも、誰でも受け取ることが可能なものでしょうか。あなたはもうお受け取りしましたか。



3.創造主が、初めから労働の責任を人間に与えておられたということは、私にとってどんな意味を持っているでしょう。(2テサロニケ3:6-12) 耕すことと、守ることの意味は、どのような事だと思いますか。地球資源の開発、また、地球環境の破壊や保護などとは、どのような関係にあるでしょう。他の人と語り合ってみましょう。







第七の日

70610                     第七の日             (創世記2:1?3)



於クライストチャーチJCF                                                牧師 池田 豊





こうして、天と地とそのすべての万象が完成された。それで神は、第七日目に、なさっていたわざの完成を告げられた。すなわち、第七日目に、なさっていたすべてのわざを休まれた。神はその第七日目を祝福し、この日を聖であるとされた。それは、その日に、神がなさっていたすべての創造のわざを休まれたからである。 創世記2:1-3





 皆さんは、休みをとることについてどう思いますか?休むのが下手な人はいませんか?休むと怠けているように思い、自分で自分を窮屈にしてしまう人がいます。休むと嫌悪感、罪悪感さえいだく人がいます。日本人に多いようです。以前ある本で、日本のお父さんたちが、自分の子供たちと会話する平均時間について書いてある記事を読みました。一日平均どのくらい、日本のお父さんたちは自分の子供と会話の時間をもっていると思いますか?私が読んだ本では、一日、たった四秒だと書かれていました。仕事で忙しいから、お父さんたちが家にいないのだそうです。



 エコノミック・アニマルといわれ、その勤勉さを世界中に印象づけたのが日本人です。私たちは、仕事効率、能率の上でも日本企業は世界一だと思いこんでいます。しかし、実際日本人の労働生産効率は他の欧米諸国とくらべ低いのです。あげくのはて、狂ったように働かされ、過労死当然の滅私奉公を強制させられます。企業の儲けが増えていっても、そのぶん働く人々が使い捨ての紙コップのように、どんどん廃棄されていくのですから・・・無視はできません。今日は休むことについて創造主の御言葉より学びたいと思います。





  I. 第七の日は主の創造の御業が完成したことを告げる



自然界を注意深く観察してみると、それぞれの生物はその種類に従って初めからそれぞれの特徴をもったものとして、設計され造られていることがわかります。雄と雌がそれぞれ独自に、また別々に偶然進化していったとしたら、そのような生物は子孫を残すことができないので、淘汰され絶滅してしまいます。人間も男と女が同じ時期にであわなければ、子供は生まれません。結婚適齢期という言葉もありますが、お互い年をとりすぎたり、病気になったりしたら子孫を残すことができません。先々週ご紹介したハンマーオーキッドというランの一種、ドラカエア・グリプトドンという花のような植物は、コツチバチという蜂のオスが羽のないメスに抱きついてくることを想定し、てこの原理を利用した花を咲かせます。ご丁寧にコツチバチのメスが放つフェロモンにそっくりの臭いまでただよわせてオスを誘うのです。オスが抱きついてきたその衝撃と空高く飛び立とうとする浮力で、花の茎は、ちょうつがいのような関節を支点にして跳ね上がり、オスの背中がドラカエア・グロプトドンの雄しべにぶつかり、その反動で雌しべに花粉が付き、受粉するのです。この精巧なメカニズムの歯車一つでも狂ってしまえば、ドラカエア・グロプトドンの種はできず、この植物は地上から姿を消します。これはどう考えてもそれぞれが無関係に、独自で長い時間をかけて進化した結果だとは思えません。このハンマーオーキッドという植物と蜂という昆虫が、初めから互いの存在を想定した上で出現してきたとしか私には考えられないのです。そのようなわけで、私は、この世界の創造は、文字通り六日間で創造主がお造りになったのだと信じています。そして聖書は、創造の御業を完成なさった主が七日目に休まれたと語ります。しかしこれは、創造主が疲れ果てて休まれたという意味ではありません。



A. 創造主が疲れ果てて休んだという意味ではない



1. イザヤ40:28



あなたは知らないのか。聞いていないのか。主は永遠の神、地の果てまで創造された方。疲れることなく、たゆむことなく、その英知は測り知れない。 イザヤ40:28



2. 詩篇121:3-4



主はあなたの足をよろけさせず、あなたを守る方は、まどろむこともない。見よ。イスラエルを守る方は、まどろむこともなく、眠ることもない。 詩篇121:3-4



3. ヨハネ5:17



ベテスダと呼ばれる池のところで主イエスさまが38年間病気で寝たきりになっている人を瞬間的に癒されたことがありました。ところがその日が土曜日で安息日でした。ユダヤ人の宗教家たちは、安息日だというのに病気を治したりしてはならないと非難し、イエスさまにくってかかったことがありました。その時、主はなんと答えておられるでしょう。ヨハネ5:15-17を見てみましょう。



その人は行って、ユダヤ人たちに、自分を直してくれた方はイエスだと告げた。このためユダヤ人たちは、イエスを迫害した。イエスが安息日にのようなことをしておられたからである。イエスは彼らに答えられた。「わたしの父は今に至るまで働いておられます。ですからわたしも働いているのです。」このためユダヤ人たちは、ますますイエスを殺そうとするようになった。イエスが安息日を破っておられただけでなく、ご自身を神と等しくして、神を自分の父と呼んでおられたからである。 ヨハネ5:15-17



このことから、創造主は、第七日目に創造の御業を休まれたわけであり、その他のことをなさっておられた可能性があるのです。創造の業とは別のことをして働いておられたとしてもおかしなことではありません。読売ジャイアンツの野球選手たちが、休暇をとっておられるところがニュースで放送されていたことがあります。野球をしていませんが、ゴルフをしていました。野球選手たちにとってゴルフをするのは休暇なのです。プロゴルファーの人たちにとってゴルフをすることは休みにはなりません。安息とか休みというのは、何もしないということを必ずしも意味していません。



B. 創造の御業が六日間で完全に完成したことを表す 創世記11:31





II. 第七の日は、他の日と区別された



A. 創造主は、第七日目を祝福され、聖なるものとされた



創造主は六日間でこの世界をお造りになり、七日目を祝福され、聖なるものとされました。この「聖」とするというという表現は、ヘブル語のもともとの意味で「区別する」という意味です。出エジプト記には、安息の命令がイスラエル民族に対して与えられたことが記されています。



安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。六日間、働いて、あなたのすべての仕事をしなければならない。しかし七日目は、あなたの神、主の安息である。あなたはどんな仕事もしてはならない。・・あなたも、あなたの息子、娘、それにあなたの男奴隷や女奴隷、家畜、また、あなたの町囲みの中にいる在留異国人も。・・それは主が六日のうちに、天と地と海、またそれらの中にいるすべてのものを造り、七日目に休まれたからである。それゆえ、主は安息日を祝福し、これを聖なるものと宣言された。  出エジプト20:8-11





B. 主の安息が定められたのは人間の益のためであった



イスラエル民族が他の民族と区別されるためにこの安息の規定が設けられました。しかしこれは、イスラエルの人たちに対して創造主がいじわるをなさったということではありません。「がんばれ、がんばれ、しっかりやれよ。他の民族に負けるなよ」と神がイスラエルの人たちに発破をかけるとしたら、「おそらく、怠けたりせず、休まず働け。私に恥をかかせるんじゃないぞ。歯を食いしばってでも休まず働け!」と命令したとしても不思議ではありません。ところが、聖書の神は、イスラエルの人たちに対して、「働くな!休め、休め!」と命令しておられるのです。これは、仕事中毒患者が多い日本人にとってとても奇妙な命令です。しかし、これは、実は、イスラエルの人たちの益のためでした。イエスさまはマルコの福音書でこう言っておられます。



1. マルコ2:27-28



また言われた。「安息日は人間のために設けられたのです。人間が安息日のために造られたのではありません。人の子は安息日にも主です。」 マルコ2:27-28



2. イザヤ58:3-59:2



イスラエルの人たちが、安息日を他の日と区別するとはどのようなことを意味していたのでしょう。どのような点で土曜日の過ごし方が他の日とは違っていなければならなかったのでしょう。その心構えについてイザヤ書58:3-59:2に記してあります。58:13-59:2までを見てみましょう。



もし、あなたが安息日に出歩くことをやめ、わたしの聖日に自分の好むことをせず、安息日を「喜びの日」と呼び、主の聖日を「はえある日」と呼び、これを尊んで旅をせず、自分の好むことを求めず、むだ口を慎むなら、そのとき、あなたは主をあなたの喜びとしよう。「わたしはあなたに地の高い所を踏み行かせ、あなたの父ヤコブのゆずりの地であなたを養う。」と主の御口が語られたからである。見よ。主の御手が短くて救えないのではない。その耳が遠くて、聞こえないのではない。あなたがたの咎が、あなたがたと、あなたがたの神との仕切りとなり、あなたがたの罪が御顔を隠させ、聞いてくださらないようにしたのだ。 



イザヤ58:13-59:2



C. 安息の規定を破った者は死刑だった



契約の民であったユダヤ人たちにとって、この安息の規定を守ることは非常に重要でした。もしこの規定を破る人がいたら、民数記15:32-36、出エジプト31:14-17の御言葉を見ると死刑に処せられました。



1. 民数記15:32-36



2. 出エジプト31:14-17



セブンスデー・アドベンチストの方々は、土曜日が安息日だというので、土曜日を特別な日と考えておられます。そしてそのようにすることで律法を守っていると考える方々が多いのです。ところが、旧約聖書をよく読むと、実はこの安息の規定というのは土曜日だけのことでは決してありません。



D. 主の安息は、土曜日の一日だけの掟ではない レビ記25:4,8-12を見てみますと、少なくとも土曜日とともに次のような命令があるのです。



1. 七日目ごとの安息 これが土曜日の規定です。そしてそれ以外に



2. 七年目ごとの安息の年 一年間休む、借金をチャラにし奴隷を解放する



「イスラエル人に告げて言え。わたしが与えようとしている地にあなたがたがはいったとき、その地は主の安息を守らなければならない。六年間あなたの畑に種を蒔き、六年間ぶどう畑の枝をおろして、収穫しなければならない。七年目は、地の全き休みの安息、すなわち主の安息となる。あなたの畑に種を蒔いたり、ぶどう畑の枝をおろしたりしてはならない。あなたの落ち穂から生えたものを刈り入れてはならない。あなたが手入れをしなかったぶどうの木のぶどうも集めてはならない。地の全き休みの年である。 レビ25:2-5



七年の終わりごとに、負債の免除をしなければならない。その免除のしかたは次のとおりである。貸し主はみな、その隣人に貸したものを免除する。その隣人やその兄弟から取り立ててはならない。主が免除を布告しておられる。外国人からは取り立てることができるが、あなたの兄弟が、あなたに借りているものは免除しなければならない。そうすれば、あなたのうちには貧しい者がなくなるであろう。あなたの神、主が相続地としてあなたに与えて所有させようとしておられる地で、主は、必ずあなたを祝福される。 申命記15:1-4



もし、あなたの同胞、ヘブル人の男あるいは女が、あなたのところに売られてきて六年間あなたに仕えたなら、七年目にはあなたは彼を自由の身にしてやらなければならない。彼を自由の身にしてやるときは、何も持たせずに去らせてはならない。必ず、あなたの羊の群れと打ち場と酒ぶねのうちから取って、彼にあてがってやらなければならない。あなたの神、主があなたに祝福として与えられたものを、彼に与えなければならない。 申命記15:12-14



3. 七回目ごとの安息年の翌年、50年目のヨベルの年の規定もあります。



あなたは、安息の年を七たび、つまり、七年の七倍を数える。安息の年の七たびは四十九年である。あなたはその第七月の十日に角笛を鳴り響かせなければならない。贖罪の日に、あなたがたの全土に角笛を鳴り響かせなければならない。あなたがたは第五十年目を聖別し、国中のすべての住民に解放を宣言する。これはあなたがたのヨベルの年である。あなたがたはそれぞれ自分の所有地に帰り、それぞれ自分の家族のもとに帰らなければならない。この第五十年目は、あなたがたのヨベルの年である。種を蒔いてはならないし、落ち穂から生えたものを刈り入れてもならない。また手入れをしなかったぶどうの木の実を集めてはならない。これはヨベルの年であって、あなたがたには聖である。あなたがたは畑の収穫物を食べなければならない。 レビ25:8-11



E. 七の不思議



1. 第七の月は聖なる月であるとユダヤ人たちは考えました



2. 過ぎ越しの祭りから五旬節ペンテコステまでの間には七週間ある



3. 過ぎ越しの祭り、仮庵の祭りはそれぞれ七日間



4. 音楽でも七音 ドレミファソラシ



5. 七色の虹



6. 一週間には七日間 



解剖生理学博士の河西達夫(かさい たつお)氏が以前、クリスチャン新聞に「人体は小宇宙」という文章を発表しておられました。そこには、七日を一区切りとするリズムがあることもウサギの歯や人間の歯に刻まれた年輪で確かめられていると記されていました。



イルカの歯には、28(7x4)日ごとに印が刻まれるそうです。その印が1年に13回刻まれます、そしてそれが区切りとなり、大きな印に変化すると言われています。http://www.panlibrary.org/7days/day1.html



7. 江戸温泉物語



徳川家康が熱海温泉でいろんな旅館の温泉に入り、一廻り七日間かけて湯治を実践したそうです。それが後の江戸っ子の湯治ブームを引き起こしました。その結果、この七日かけて病気を治すという湯治法が根付くことになります。家康の熱海湯治から四百年を経た平成の現代でも、その温泉治療法を



実践している人がおられるといいますから驚きです。ニュージーランドでもロトロアなどで七日かけて湯治をしてみてはいかがでしょうか。これは単に家康がそうしたからと言って偶然広まったというわけではなかったようです。



免疫力を高めるのにこの七日という単位が、体によいリズムであることを日本人は経験的に知っていたのです。そのことが理にかなっている治療法だということが、日本とドイツの温泉医学者によって、最近、解明されました。阿岸祐幸(あぎしゆうこう)・北海道大学名誉教授やドイツの温泉生理学者ヒルデブラント博士等は、湯治の開始によって、ひずんだ状態にある生体の諸機能がほぼ七日周期のリズムを描きながら正常化していくことを突き止めたのです。この七日単位の湯治法は、生体リズムを整えるうえで適切であったことが科学



的に証明されたのでした。



参考資料:松田忠徳(札幌国際大学教授)/江戸温泉物語『週刊新潮2005.8.25』 http://kara-sen.cocolog-nifty.com/buntai/cat827865/index.html





III. 旧約の安息の規定をみて、これではとても守れないと思うあなたへ



旧約聖書の安息の規定をよく読んでみると、現代の私たちにとってとても守ることができないと感じるのは、私一人ではないと思います。土曜日に礼拝するというだけのことではないからです。でもご安心ください。そもそもこの安息の律法は、弥生式土器の中頃に、イスラエル民族に対して創造主がお与えになった掟です。私たち日本人に対して与えられた法律ではありません。そして、イエス・キリストがおいでになり、十字架で私たちの身代わりになって死んでくださったことにより、律法が完全に成就されたのです。そして主イエスが死から甦られたことによって、ユダヤ人と異邦人との区別が必要なくなり、新しい時代、キリストの身体なる教会時代となったからです。



A. 使徒13:37-39



しかし、神がよみがえらせた方は、朽ちることがありませんでした。ですから、兄弟たち。あなたがたに罪の赦しが宣べられているのはこの方によるということを、よく知っておいてください。モーセの律法によっては解放されることのできなかったすべての点について、信じる者はみな、この方によって、解放されるのです。 



使徒13:37-39



B. ガラテヤ2:15-16



私たちは、生まれながらのユダヤ人であって、異邦人のような罪人ではありません。しかし、人は律法の行ないによっては義と認められず、ただキリスト・イエスを信じる信仰によって義と認められる、ということを知ったからこそ、私たちもキリスト・イエスを信じたのです。これは、律法の行ないによってではなく、キリストを信じる信仰によって義と認められるためです。なぜなら、律法の行ないによって義と認められる者は、ひとりもいないからです。 ガラテヤ2:15-16





C. コロサイ2:13-17



あなたがたは罪によって、また肉の割礼がなくて死んだ者であったのに、神は、そのようなあなたがたを、キリストとともに生かしてくださいました。それは、私たちのすべての罪を赦し、いろいろな定めのために私たちに不利な、いや、私たちを責め立てている債務証書を無効にされたからです。神はこの証書を取りのけ、十字架に釘づけにされました。神は、キリストにおいて、すべての支配と権威の武装を解除してさらしものとし、彼らを捕虜として凱旋の行列に加えられました。こういうわけですから、食べ物と飲み物について、あるいは、祭りや新月や安息日のことについて、だれにもあなたがたを批評させてはなりません。これらは、次に来るものの影であって、本体はキリストにあるのです。 コロサイ2:13-17



D. 日曜日は、主の定められた安息日ではない



厳密な意味では、日曜日は、聖日と呼ぶよりは、主の日、主日がふさわしいと思います。休みのための日ではありません。



1. 日曜日は、主イエスの復活の日であり初穂の祭りの日です 主イエスさまは、墓に葬られ、この地上での活動を停止されましたが、日曜日に活動を再開されたのです。日曜日はイエスさまが休まれた日ではなく、活動を開始された日です。



2. 日曜日は、聖霊降臨の日:ペンテコステの祭りの日です。この日もご聖霊が休まれた日ではなく、その反対に活動を開始された日です。



3. 休みの日ではなく、主のための活動の日



新約聖書を見ると、日曜日は主のために活動する日です。しかし、日曜日だけを特別な日と考えるよう必ずしも聖書は私たちに命令していません。ローマ人への手紙14:1-5を見ると何を食べるか何を飲むかということ同様、何曜日を特別に大切に考えるかどうかは、私たちがそれぞれ自分の心で主の前に決めることだと聖書は言っています。



あなたがたは信仰の弱い人を受け入れなさい。その意見をさばいてはいけません。何でも食べてよいと信じている人もいますが、弱い人は野菜よりほかには食べません。食べる人は食べない人を侮ってはいけないし、食べない人も食べる人をさばいてはいけません。神がその人を受け入れてくださったからです。あなたはいったいだれなので、他人のしもべをさばくのですか。しもべが立つのも倒れるのも、その主人の心次第です。このしもべは立つのです。なぜなら、主には、彼を立たせることができるからです。ある日を、他の日に比べて、大事だと考える人もいますが、どの日も同じだと考える人もいます。それぞれ自分の心の中で確信を持ちなさい。日を守る人は、主のために守っています。食べる人は、主のために食べています。なぜなら、神に感謝しているからです。食べない人も、主のために食べないのであって、神に感謝しているのです。私たちの中でだれひとりとして、自分のために生きている者はなく、また自分のために死ぬ者もありません。 ローマ14:1-7





 聖書は、休むことを命じています。それは、怠惰を奨励することではなく、一つ一つの責任を効率よく果たしていくためにケジメをつけることを、基本的に教えているのです。四六時中緊張のしっぱなしでは、集中して物事にあたることは不可能です。



 休まずに疲労状態を継続していくと、疲労は加速度的に驚くべき速さで蓄積します。このことをアメリカの合衆国陸軍が、何百回もの実験し、テストした結果、証明しています。米兵の行軍演習で、一時間に対し、十分くらいリュックをおろして休息させた方が、行軍もはかどり、耐久力も強くなるという事実を発見したのです。ですから、合衆国陸軍では、休息を非常に重要視し、強調しています。





 日本でも、疲れる前に休息を強制的にとらせた指導者として有名な人物がおります。豊臣秀吉こと、木下藤吉郎です。破壊された清洲城の城壁を木下籐吉郎がたったの三日間で修築した話は有名です。1560年、桶狭間の合戦で、見事今川軍をうち破った信長が、今度は美濃の斎藤道三の軍との決戦準備をしていた緊迫状況下だというのに、なんと嵐で清洲城の城壁が200?ばかり壊れてしまいました。1563年のことです。信長は大急ぎで修理を命じましたが、なかなか工事は進みません。信長の現場視察に随行していた、藤吉郎は、「この重大事に、二十日もかかって、まだ、いつできるか見当もつかぬとは、何事じゃ」と批判しました。「俺なら、三日でやりとげてみせる!」とつい勇み足の大見得を切ってしまったのです。



「それなら、お前やってみろ!」と信長に言われ、急きょ、藤吉郎は修復工事を任かされることになりました。家族は真っ青になりました。友人たちも心配しましたが、藤吉郎本人は、いたって冷静。



 藤吉郎は、城壁を50区画に分け、4?の一区画ごとに責任者を高額な賃金で雇いました。そして、その下に、大工三人、左官二人、石工五人の合計十人の職人をつけさせました。また、それ以外に職人たちが責務に専心集中できるようにと、雑役のための助手を10人つけたのです。つまり、20名一組の班を編成しました。そしてその班を5班集め一組とし、一人の棟梁を組長として立て指揮させました。そのような組を十組つくり、藤吉郎本人が、その全十組の総指揮官となったのです。また、別にスタッフとして、信号合図係と給養係(休憩時の職人の接待係)を登用しました。組織ができあがった翌朝、誰よりも先に藤吉郎は現場に現れ、時間が来ると、進軍太鼓で一斉に仕事につかせました。そして、一定時間働くと、拍子木を打ち鳴らさせ、仕事をやめさせ、休憩をさせたのです。藤吉郎は、石の上に立って、陣頭指揮に立ち、采配をふりました。もし、休まない者がいると「休め、休め、休め!」と怒鳴り散らしたそうです。三日後には、見事に城壁を作り上げました。しかも、きれいに後かたづけまで済ませて、信長の検分を迎えたのです。



 藤吉郎から学ぶことはいくつかあります。「200?の城壁修理を三日間でやれ」と言われれば、千人の作業員たち、各々が、自分一人で200?を修復しなくてはならないと錯覚したでしょう。ところが、「4?を20人でやれ」と言われれば、「三日もいらない。」と勢いたつものです。そして、「4?だけでよい」と仕事の限界が明確であれば、「これを早く片づけてしまおう」と思うのが、働く者の自然な心理です。



 そして、次に適材適所、無駄のないようにスタッフを編成し、特に重要な仕事をする熟練者の能力を完全に発揮できるよう配慮した点です。



 そして、三つ目に、労働者には、必ず、休息をとらせ、その休息時間に疲労が蓄積しないようお世話係をちゃんと付けた点です。時間の区切りを明確に伝達するため、藤吉郎は、拍子木を打つ、時間係をもうけたのです。



 チームを組んで仕事をする場合には、全員いっせいに取りかからなければ仕事になりません。また、休む時には、休ませないと欠陥品をつくってしまうのです。



 聖書の中で、創造主が人間のために「休息命令」を宣告し、書き記しておられるのは、深いご配慮と、主の智恵とによるものだったのです。





 いろんなことで、最近疲れてヘトヘトだという人はおられませんか?イエスさまは、明日のことは思い煩うなとおっしゃいました。集中してとりくまなければならないことは、一日、一日、それぞれの日に十分あるというのです。ものごとの優先順位を正しくつけ、集中して物事に取り組みなさい。また、それ以外のことにも余裕をもって対処しうるために、休むことが必要だというのです。特に精神的に、魂に安らぎを必要としておられる方がいたら、ぜひ、このイエスさまの招きの言葉に耳を傾けてみてください。



「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」マタイ11:28





アクション・ポイント(生活への適用)



1.主イエス様にある安息の招きをあなたはもうすでに受け入れられましたか?「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」マタイ11:28



2.日曜日の過ごし方について、創造主を礼拝するという観点から、安息日(土曜日)に主を礼拝した旧約聖書の民に学ぶことがあるでしょうか。



3.私たちは、一週間の内、効率よく休みをとっているでしょうか。休みを取ることはなぜ大切なことだと思いますか?



4.休みをとらず、無理をして働くことは、長い目で見ると結果的にはどうでしょうか。弊害として、どのようなことがあるでしょう?他の人と語り合ってみましょう。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。