FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニワトリの卵

 自然界に見る驚異の多くのうちでも卵は、トップにランキングされます。
卵の孵化にひそむミステリーは、世界で最も頭脳明晰な人が取り組んだとしても満足に説明されることはありません。

 卵はすべて、7の倍数日に孵化するのです。
ジャガイモにつく虫の卵は7日でかえりますし、カナリアたちの卵は14日。
めんどりの卵は21日。そして、アヒルの卵は28日です。
マガモのある種の鳥の卵は、 35 日で孵化します。
オウムの卵は42日です。

 自然界において物事は、偶然、でたらめに起こってはいないのです。
創造主は、動物界、植物界を問わず、生命ある全てのものにご計画を定めておられるのです。

 無色に見える白身と黄色い黄身でしかない卵の中身から、いったいどうしてあのような美しいクジャクの羽が造られるのでしょう。しかも完璧なデザインと配色です。いったいどんなからくりであのような色が彩られるのでしょう。
鳥それぞれに決まった羽の色があります。なぜなのでしょう。クジャクの尾羽が広げられると完璧な美しい図柄のデザインが施されています。いける創造主の御業としか言いようがありません。

 さて、ニワトリの卵に話を戻しましょう。
 卵の殻をよく見るととがっているほうが堅くできており、ゆるやかな曲線のほうは殻がうすくできています。それは、ヒヨコが孵化する際、生まれやすくするため薄い殻のほうから出てこれるようにと創造主のデザインでそうなっているのです。卵のゆるやかな曲線のほうには、空気の部屋があつらえてあります。ゆで卵を堅めに作ってみれば誰でも容易にその状態を確かめることができます。卵の内部でヒヨコが形作られていく際、ヒヨコの頭部は、緩やかな曲線の方に形成されていきます。それはヒヨコのくちばしが空気室に入りやすくするためであり、空気を呼吸できるようそうなっているのです。卵が孵化するまでの三週間というもの、母鳥が何度卵を転がそうと、卵の中のヒヨコの頭部が違った位置に移動することは絶対にありません。これも創造主の奇跡であると言えます。我々人間にはそのようなからくりを考え出すことも作ることも到底不可能です。子どもたちが卵をもてあそび、お皿の上で、何回、回転させようが卵の内部に変化はないのです。ヒヨコのくちばしは、必ず、緩やかな曲線の方の空気室の方向に形成されるのです。

 次に、卵の黄身がどのようなデザインになっているかということも驚異です。
 黄身は、ちょうど戦艦のようになっています。黄身の下の部分は、密度が濃く、重いデザインになっているのです。一方、上部は密度が薄く、軽めにできています。このため、黄身は、船のように、必ず正しい姿勢で浮かぶことができるのです。そればかりか、ご丁寧に白身の中にはロープまで付いています。卵の目と呼ばれるものです。この白いものは、黄身を卵の両端に結びつけているロープのような働きをしています。このロープは不思議な方法で卵の殻にくっついているのです。そして、なんともヌルヌルしたロープが自由自在に動くため、卵が何度回転させられるようなことがあっても、黄身はいつも正常な位置にくるようにできています。この特別あつらえのロープのおかげです。そう、コックさんが卵の殻を割った後、殻の内部についているこの白いものを指で掻き取っているあれです。

 それから、形成されたばかりのヒヨコのくちばしは、実はまだ柔らかいのです。ですから容易に堅い卵の殻を突き破ることはできません。そこで、創造主は、特別あつらえの道具を前もってヒヨコちゃんのためにご用意くださっているのです。しかもたった一度だけ使用するためにです。とっても堅い材質でできた円錐形の器具が、赤ちゃんヒヨコのくちばしにピッタリフィットするように準備されています。この円錐形の道具をヒヨコはくちばしにはめ、堅い卵の殻を突き破るんです。卵の殻の中に用意された空気室にはヒヨコがたった二日だけ生き続けることができる量の空気しか入っていません。もう最後の一息分の空気しか残っていないというその時、空気を吸おうとヒヨコの胸は大きくふくらみ前方に突き出されます。そして空気を吸おうとしますが、もう空気はなくなっています。その結果、殻が突き破られ、ふくらんだヒヨコの体がなおその割れ目を押し破り、めでたくヒヨコの誕生です。ヒヨコがかえってなお二日ほどの間は、この殻を突き破るための円錐形の道具はヒヨコのくちばしに残っているものです。でももう用済みです。わざわざ農家のおじさんがヒヨコのくちばしに残っているこの円錐形の殻を手で取ってやる場合もあります。なんと創造主のいたりつくせりのご親切でしょうか。

 皆さん、雌鶏とヒヨコの関係が創造主の人間に対する愛をあらわす例話としてイエス様によって用いられていることをご存じですか。

 ルカ13:34にこのような言葉が記されています。
 ああ、エルサレム、エルサレム。預言者たちを殺し、自分に遣わされた人たちを石で打つ者、わたしは、めんどりがひなを翼の下にかばうように、あなたの子らを幾たび集めようとしたことか。それなのに、あなたがたはそれを好まなかった。

 私たちは、雌鶏がヒヨコを羽の下にかくまうのは次のような四つの場合であることを知っています。

 先ず、餌になる虫やミミズ、穀物を見つけると母鳥はヒヨコたちにお食事の合図をする時です。一口いただこうとヒヨコちゃんたちは雌鶏の鳴き声で集まってきます。同じように主イエスキリストは、こうおっしゃいます。

 イエスは言われた。「わたしがいのちのパンです。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません。ヨハネ6:35

 次に、空になにやら黒い影がぐるぐると旋回している時です。だんだんその影が大きくなって近づいてきます。母鳥は、緊張した声で鳴き叫びます。おそいかかろうとする鷲からヒヨコたちを守るための警戒警報です。

 そして、さらに、雷が鳴り響き、稲光が走り、木の葉が冷たい風に揺れるそのような時、雌鶏はヒヨコたちを緊急避難させるため羽の下にかくまいます。

 そして最後に、太陽が沈み、陰が長くなるころ雌鶏は、ヒヨコたちを宝物のように羽の下に迎え入れ、抱きかかえます。ぐっすり眠り、休むためです。

 あなたもそのように創造主の胸に抱かれたいと思われませんか?

ウォルター・ウィルソン著 医者が語る興味深い小話 P.31-34
訳:池田 豊



The Hen Egg

?Among the many wonders in nature, eggs hold a top place.
The mystery of the hatching of an egg cannot be explained by any of the great minds of the world.

?Eggs hatch in multiples of seven days.The eggs of the potato bug hatch in seven days, those of the canary bird in fourteen days.Hen eggs hatch in twenty-one days and duck eggs in twenty-eight days.One species of the mallard hatches her eggs in thirty-five days.The eggs of the parrot hatch in forty-two days.

?Things do not happen by chance in nature.God ordains all the affairs of life-whether it be in the animal kingdom or in the vegetable kingdom.

?Have you considered how it is that the beautiful feathers of the peacock on which are accurate markings should be brought forth out of an egg which contains only yellow yolk and colorless albumen? ?How did the colors get there? ?Why are the colors always those that belong to that particular fowl? ?How is the figure formed on the feathers in such a way that when the tail is spread the markings are perfectly in place and beautiful in appearance? ?Only a living God can do this.

?But to refer again to the hen egg, let us proceed.
?The shell on the small end of the egg is much thicker than on the large end. ?The baby will emerge from the shell through the large end, therefore God has arranged and designed the shell so ?that the baby can easily peck its way through where the shell is thin. ?At the large end of the egg there is an air chamber. ?This may be seen when the shell is removed from the hard-boiled egg.
?When the baby chick is formed in the egg, it is so placed that its head is in the big end of the egg and its little bill is in the air chamber. ?No matter how much the mother hen may turn the egg over and over during the three weeks of the hatching period, she never disturbs the position of that baby.
This is another miracle of God.
?Man could not arrange it so, and neither can we understand how God does it. ?No matter how many times the egg has been turned or played with by the child, spinning it on a plate, the contents of the egg are not disturbed. ?The baby will always be formed with its nose in the air chamber at the large end.

?The formation of the yoke should be observed.
?It is built like a battleship. ?The lower part of the yolk is rather dense and heavy, while the upperpart is light and thin. ?This causes the yolk to float upright at all times.

?In addition to this, there is a rope of albumen which is attached to the two sides of the yolk, and on the other end is attached in a mysterious way to the inside of the Shell. ?This attachment is a very slippery joint, so slippery, in fact, that no amount of spinning the egg will cause the yolk to turn over. ?These ropes hold it upright. ?It is because of these ropes that the cook must, with her finger, scrape out this part of the "white" of the egg.
?The little bill of the baby chick is so soft that it cannot peck its way through the hard shell. ?For that reason God makes a special tool which is to be used only once. ?This is in the form of a tiny cone, made of a very hard substance, which exactly fits over the bill of the baby. ?It is with this hard cone that it breaks through the shell. ?There is just enough air in the air chamber to last the little thing two days. ?As the baby starts to breathe and
?the hours go by, there comes the time when the last breath of air is taken. ?The air causes the little one to swell up somewhat and as the chick lunges forward to get another breath of air which is not there, the impact forces a hole through the shell, and the swelling of the body cracks the shell suffieiently so the ?chick can emerge. ?Within about two days after it is born, the ?hard cone falls from its nose. ?It is of no further use. ?Sometimes the cone sticks to the bill and the farmer must pick it off with ?his fingers. ?How kind God is to little chickens!

?The beautiful relationship that exists between the mother ?hen and the babies who are hatched out from her brooding is ?used by our Lord to llustrate His own love and care for us.
?In Luke 13:34 Jesus said, "How often would I have gatherd thy children together, as a HEN doth gather her brood under her wings, and ye would not."
?We find that there are four times or occasions on which the mother hen calls her babies under her wings.
?One time is when she finds a bit of food, a crumb, or a worm, or a bug.
She quickly sounds the dinner call and the babies come running for the
?dainty morsel.
?So Christ said, "He that cometh to me shall never hunger; and he that believeth on me shall never thirst" (John 6:35).
?Another occasion is when the experienced old mother sees an ominous black speck in the sky which circles round and round getting larger all the while.
She now utters a very excited cry and calls the babies together from the menacing hawk.
?On another occasion she hears the thunder, sees the lightning flash,
?feels the cold wind blowing the leaves. ?Quickly she clucks her call of danger and calls the babies to shelter from the impending storm.
?Now at last as the shadows fall and the sun is set, she quietly calls her little treasures to sleep and rest.
?Oh, that you might come to Him too!


SWARD of the LORD PUBLISHERS
Walter L. Wilson M.D. ?
STRANGE SHORT STORIES BY THE DOCTOR P.31-34



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。