FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行いの伴わない信仰は、死んだ信仰であるとは? (4)

                                                                        牧師 池田 豊



 「実」をまだ実らせていない植物があったとしても、そのことを根拠に「根」までないのだと決めつけるのは間違っているのと同じように、クリスチャンらしい行いが伴っていない人がおられるからといって、一概にその人がイエス・キリストを信じる信仰を持っていない人だと早まって結論づけてはならないと筆者は思います。



 また、一方、クリスチャンらしい振る舞いをしている人がおられるからと言って、即、その人が、救いにいたる真の恵のみによる信仰を持った方だと結論づけることも正しくありません。



 たとえで考えてみましょう。犬は、「ワン、ワン!」と吠えますが、吠えたからということでその生物は犬になったのでしょうか。言い換えれば、ある生物を犬にする原因や、根拠は、「吠えること」にあるというのは正しいでしょうか。決してそんなことはありませんね。「ワン、ワン!」と吠えていようが、黙っていようが犬はすでに犬です。犬として生まれた生物は、その当然の結果として、犬らしい鳴き声を発するわけです。「ワン、ワン!」と吠えることは、私にもできますが、それで、私が犬になったというわけでは決してありません。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。