スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弁護してくださるお方

       

弁護してくださるお方    1ヨハネ2:1-6
                                                   牧師 池田 豊
[導入]
 以前、テレビの番組で、「良い子」、「悪い子」、「普通の子」という表現がなされたことがありました。「良い子」だけがクリスチャンになることができると思っている人がおられますが、はたして皆さん、本当でしょうか。日本ではそのように考える人が多くおられます。「自分のように品行方正でないものは、とてもとてもクリスチャンになんかなれませんよ。」「どうも教会は敷居が高くてね。」とそうおっしゃる方がおられます。
 クリスチャンにも「良い子」、「悪い子」、「普通の子」がいるのでしょうか。クリスチャンの皆さんは自分がどのようなクリスチャンだと感じていらっしゃいますか?
 ヨハネの第一の手紙を読でみると、ヨハネはクリスチャンとなった人たちも罪をおかすことがあるということを前提にこの手紙を書いているのはあきらかです。
 クリスチャンが罪をおかした場合、弁護してくださるお方がおられることをはっきり自覚するようにとヨハネはクリスチャン一人一人に語りかけています。そして、この弁護してくださるお方をいつも意識し、このお方を愛し、このお方の歩まれた道を歩み続けるようヨハネはクリスチャンとなった人々に勧めています。
 今朝は、「弁護してくださるお方」をよりよく知るために次の三つの点にわけて聖書の御言葉から教えられたいと思います。
  I. クリスチャンが罪をおかした場合
II. 創造主との親しい交わりを保っているクリスチャンとは、主のご命令を守っている人
III. キリストが歩まれたように歩むクリスチャン生活の勧め の三つです。
それでは一つ一つ見て参りましょう。



  I. クリスチャンが罪をおかした場合
A. 人は、罪をおかさないものとなれたから、クリスチャンになれたというのではない
1. クリスチャンとなる条件は、ただ一つ、私たちの良い行いにはよらず、イエス・キリストを救い主と信じ受け入れることだけ、信仰のみです。
まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしのことばを聞いて、わたしを遣わした方を信じる者は、永遠のいのちを持ち、さばきに会うことがなく、死からいのちに移っているのです。 ヨハネ5:24
すると彼らはイエスに言った。「私たちは、神のわざを行なうために、何をすべきでしょうか。」イエスは答えて言われた。「あなたがたが、神が遣わした者を信じること、それが神のわざです。」 ヨハネ6:28,29
まことに、まことに、あなたがたに告げます。信じる者は永遠のいのちを持ちます。 ヨハネ6:47
そして、ふたりを外に連れ出して「先生がた。救われるためには、何をしなければなりませんか。」と言った。ふたりは、「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」と言った。 使徒16:30,31
2. クリスチャンになる条件として、生活改善や罪をおかさない決心を聖書は要求していないのです
なぜなら、律法を行なうことによっては、だれひとり神の前に義と認められないからです。律法によっては、かえって罪の意識が生じるのです。しかし、今は、律法とは別に、しかも律法と預言者によってあかしされて、神の義が示されました。すなわち、イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、それはすべての信じる人に与えられ、何の差別もありません。ローマ3:20-22
律法全体を守っても、一つの点でつまずくなら、その人はすべてを犯した者となったのです。 ヤコブ2:10
人が義と認められるのは、律法の行ないによるのではなく、信仰によるというのが、私たちの考えです。 ローマ3:28
働く者のばあいに、その報酬は恵みでなくて、当然支払うべきものとみなされます。何の働きもない者が、不敬虔な者を義と認めてくださる方を信じるなら、その信仰が義とみなされるのです。 ローマ4:4,5
もし恵みによるのであれば、もはや行ないによるのではありません。もしそうでなかったら、恵みが恵みでなくなります。 ローマ11:6
しかし、人は律法の行ないによっては義と認められず、ただキリスト・イエスを信じる信仰によって義と認められる、ということを知ったからこそ、私たちもキリスト・イエスを信じたのです。これは、律法の行ないによってではなく、キリストを信じる信仰によって義と認められるためです。なぜなら、律法の行ないによって義と認められる者は、ひとりもいないからです。 ガラテヤ2:16
しかし、私たちの救い主なる神のいつくしみと人への愛とが現われたとき、神は、私たちが行なった義のわざによってではなく、ご自分のあわれみのゆえに、聖霊による、新生と更新との洗いをもって私たちを救ってくださいました。 
テトス3:4-5
3. クリスチャンになる前も、クリスチャンになってからも人間は罪をおかします
罪にはコミッションとオミッションとの二種類があります。
コミッション:悪いと知りつつおかす罪、遂行の罪
オミッション:怠慢の罪 うっかり知らずにおかしてしまう罪、あるいは、なさねばならないと知っているのに手抜きをし怠慢のゆえにおかしてしまう罪
こういうわけで、なすべき正しいことを知っていながら行なわないなら、それはその人の罪です。 ヤコブ4:17
クリスチャンになってから、聖書をよく読み、創造主の御心を知るようになればなるほど、このヤコブ4:17が指摘するオミッションの罪をおかす確立が高くなる
ヨハネが創造主との親しい交わりを保つという意味で「知る」という表現を用いたのは、聖句をよく知的にしっているという意味ではなく、知っている聖句についてオミッションの罪をおかさず、実生活の中で活かし、体験しているという意味での「知る」であった
B. クリスチャンが、もし自分は罪をおかさない人間になったと言うならその人は、嘘つきの罪を一つ増し加えただけにすぎません。
もし、罪はないと言うなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちのうちにありません。もし、罪を犯してはいないと言うなら、私たちは神を偽り者とするのです。神のみことばは私たちのうちにありません。 1ヨハネ1:8,10
C. ヨハネがこの手紙を書いたのは、クリスチャンたちが罪をおかさないように励ますためでした
私の子どもたち。私がこれらのことを書き送るのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです。 1ヨハネ2:1
D. もし、クリスチャンが罪をおかした場合、知らなければならない大切なこと
1. 私たちには御父の前で弁護してくださる方がおられることを知る
もしだれかが罪を犯したなら、私たちには、御父の御前で弁護してくださる方があります。それは、義なるイエス・キリストです。 1ヨハネ2:1
2. イエス・キリストは義なるお方であり、天で父なる神御前で私たちを弁護してくださるお方
「弁護してくださる」と日本語に訳された言葉は、英語ではadvocateと訳されている
advocateとは弁護士、擁護してくださる方という意味
本文に用いられているギリシャ語はparakletosパラクレイトスという語で、傍らに来てくださる仲介者、慰め主、悲しみを取り除き、元気をつけさせる人という意味
a. 悪魔(サタン)は私たちを絶えず責めている告発者
こうして、この巨大な竜、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれて、全世界を惑わす、あの古い蛇は投げ落とされた。彼は地上に投げ落とされ、彼の使いどもも彼とともに投げ落とされた。そのとき私は、天で大きな声が、こう言うのを聞いた。「今や、私たちの神の救いと力と国と、また、神のキリストの権威が現われた。私たちの兄弟たちの告発者、日夜彼らを私たちの神の御前で訴えている者が投げ落とされたからである。 黙示録21:9-10
b. ヨブは自分を贖い、弁護してくださるお方がいるに違いないと預言した
ああ、今、できれば、私のことばが書き留められればよいのに。ああ、書き物に刻まれればよいのに。鉄の筆と鉛とによって、いつまでも岩に刻みつけられたい。私は知っている。私を贖う方は生きておられ、後の日に、ちりの上に立たれることを。私の皮が、このようにはぎとられて後、私は、私の肉から神を見る。この方を私は自分自身で見る。私の目がこれを見る。ほかの者の目ではない。私の内なる思いは私のうちで絶え入るばかりだ。 ヨブ19:23-27
c. 詩篇の記者も主が贖い主であることを歌った
私の口のことばと、私の心の思いとが御前に、受け入れられますように。わが岩、わが贖い主、主よ。 詩篇19:14
3. 聖霊なる神は私たちと共におられる、慰め主
聖霊なる神は私たちと共におられる、慰め主でいらっしゃいます。
ヨハネ第一の手紙で「弁護してくださる」と日本語に訳された言葉、パラクレイトスは、ヨハネ福音書16:7でも用いられており、新改訳聖書は、「助け主」と訳しています
しかし、わたしは真実を言います。わたしが去って行くことは、あなたがたにとって益なのです。それは、もしわたしが去って行かなければ、助け主があなたがたのところに来ないからです。しかし、もし行けば、わたしは助け主をあなたがたのところに遣わします。 ヨハネ16:7
英語の聖書では、Comforterと訳している 「慰め主」です。
4. 天において、主イエス・キリストは父なる神の御前で罪をおかす私たちを弁護してくださる慰め主、助け主であられ、この地上では、聖霊なる神が私たちのすぐ傍らにおられ、私たちを慰め、助けてくださるお方です。
御霊も同じようにして(私たちと同じように深いうめき、深いため息をつき)、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。 ローマ8:26
私たちがうめき、苦しみ、どのように祈ったらよいかも分からず、ただため息をつくばかりの時、ご聖霊も私たちと同じようにうめき、深いため息をつき私たちの代わりに、つまり弁護士、代理人として祈りを代わりにささげてくださるというのです。
E. イエス・キリストは、すでに救われたクリスチャンたちだけのためではなく、全世界のすべての人の罪を支払い済みとするため代価を身代わりになり支払ってくださったお方です。
この方こそ、私たちの罪のための、・・私たちの罪だけでなく全世界のための、・・なだめの供え物なのです。 1ヨハネ2:2
私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。 ローマ1:16
すべての人を救う神の恵みが現われた テトス2:11
神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。 1テモ2:4
キリストは、すべての人の贖いの代価として、ご自身をお与えになりました。これが時至ってなされたあかしなのです。 1テモ2:6
私たちはそのために労し、また苦心しているのです。それは、すべての人々、ことに信じる人々の救い主である、生ける神に望みを置いているからです。 1テモ4:10



II. 創造主との親しい交わりを保っているクリスチャンとは、主のご命令を守っている人
A. 神を知るという表現をヨハネは用いている
ヨハネは、神を知るという表現を用いています。
もし、私たちが神の命令を守るなら、それによって、私たちは神を知っていることがわかります。 1ヨハネ2:3
イエスキリストを救い主として信じ受け入れ、主を個人的に知り、聖書の御言葉をとおして主の御心を知り、知っている聖句についてオミッションの罪をおかさず、実生活の中で活かし、体験しているという意味で「知る」人は、主を愛し、主のご命令に従うはずだとヨハネは言う
B. 神を知っていると言いながら、神の命令を守らない人がいるというのです。
神を知っていると言いながら、その命令を守らない者は、偽り者であり、真理はその人のうちにありません。  1ヨハネ2:4
C. 神の愛が全うされているクリスチャン生活を求めていきましょう。
しかし、みことばを守っている者なら、その人のうちには、確かに神の愛が全うされているのです。それによって、私たちが神のうちにいることがわかります。 
1ヨハネ2:5
D. 主イエスさまはまことの葡萄の木であり、私たちはその枝です。
父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛しました。わたしの愛の中にとどまりなさい。もし、あなたがたがわたしの戒めを守るなら、あなたがたはわたしの愛にとどまるのです。それは、わたしがわたしの父の戒めを守って、わたしの父の愛の中にとどまっているのと同じです。 ヨハネ15:9-10
神を愛するとは、神の命令を守ることです。その命令は重荷とはなりません。 
1ヨハネ5:3
若者が恋人を愛し夢中になっている時、彼女のためにお金を使うように、時間を使うようにとわざわざ命令しなければならないといった父親などは少ないはずです。
あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。 マタイ6:21
主イエス・キリストを愛している人にとって、主の福音を伝えるために備えられた教会案内や、伝道のための文書を配布する奉仕は、苦痛とはならないはずです。主イエス・キリストを愛している人にとって、主の御業のために献金をささげることも苦痛とはならないで、むしろ喜びとなるのです。
お金持ちの信徒が多くいたコリントの教会は、主の業のためにけちん坊で、あまり献金をささげなかったようです。ところが、経済的に貧しく、困窮していたピリピの教会のクリスチャンたちは、主イエスさまを愛していたので、喜んで精一杯主のお働きのために献金をささげたのです。彼らにとって、主の御業の為に献金をささげることは苦痛ではなかった。むしろ喜びだったのです。恋人のことで心がいっぱいになっている若者が、気前よく恋人のために時間や労力、エネルギー、そしてお金を使うのと似ています。心がその人のことで夢中だからです。その人がとても大切なお方であり、その人を心の底から愛しているからです。
さて、兄弟たち。私たちは、マケドニヤの諸教会に与えられた神の恵みを、あなたがたに知らせようと思います。苦しみゆえの激しい試練の中にあっても、彼らの満ちあふれる喜びは、その極度の貧しさにもかかわらず、あふれ出て、その惜しみなく施す富となったのです。私はあかしします。彼らは自ら進んで、力に応じ、いや力以上にささげ、聖徒たちをささえる交わりの恵みにあずかりたいと、熱心に私たちに願ったのです。そして、私たちの期待以上に、神のみこころに従って、まず自分自身を主にささげ、また、私たちにもゆだねてくれました。 2コリント8:1-5



III. キリストが歩まれたように歩むクリスチャン生活の勧め
神のうちにとどまっていると言う者は、自分でもキリストが歩まれたように歩まなければなりません。 1ヨハネ2:6
A. キリストが歩まれた道とはどのような道でしょう。三つのことを申し上げます。
1. 祈りを通しての父なる神との親しい霊的交わりを最優先された
さて、イエスは、朝早くまだ暗いうちに起きて、寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。 マルコ1:35
2. 仕えられるためではなく、他者に仕えるため、僕として自分を犠牲にされた
人の子が来たのも、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためなのです。」マルコ10:45
3. 愛を示し、自らを与えてくださった
わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの戒めです。人がその友のためにいのちを捨てるという、これよりも大きな愛はだれも持っていません。 ヨハネ15:12-13
愛する者たち。私たちは、互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです。愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。愛する者たち。神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら、私たちもまた互いに愛し合うべきです。いまだかつて、だれも神を見た者はありません。もし私たちが互いに愛し合うなら、神は私たちのうちにおられ、神の愛が私たちのうちに全うされるのです。 1ヨハネ4:7-12



ここまで私たちは
  I. クリスチャンが罪をおかした場合
II. 創造主との親しい交わりを保っているクリスチャンとは、主のご命令を守っている人
III. キリストが歩まれたように歩むクリスチャン生活の勧め
について見てきました。最後に黙示録に記されている私たち終わりの時代に生きているクリスチャンたちに告げられている主の御言葉を見て終わります。



B. 世の終わりが近づいている現代の私たちクリスチャンに対して、主は「熱い」か「冷たい」かのどちらかであって欲しいと言われる
また、ラオデキヤにある教会の御使いに書き送れ。『アーメンである方、忠実で、真実な証人、神に造られたものの根源である方がこう言われる。「わたしは、あなたの行ないを知っている。あなたは、冷たくもなく、熱くもない。わたしはむしろ、あなたが冷たいか、熱いかであってほしい。このように、あなたはなまぬるく、熱くも冷たくもないので、わたしの口からあなたを吐き出そう。あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、乏しいものは何もないと言って、実は自分がみじめで、哀れで、貧しくて、盲目で、裸の者であることを知らない。わたしはあなたに忠告する。豊かな者となるために、火で精練された金をわたしから買いなさい。また、あなたの裸の恥を現わさないために着る白い衣を買いなさい。また、目が見えるようになるため、目に塗る目薬を買いなさい。わたしは、愛する者をしかったり、懲らしめたりする。だから、熱心になって、悔い改めなさい。 黙示録3:14-19



アクション・ポイント(生活への適用)
1. あなたは、イエスさまを救い主と信じ、日々創造主の御言葉を読み、御心を知り、主との親しい歩みを続けておられますか。
2. 創造主との親しい交わりから遠ざかり、罪をおかしていたら、その罪を主に告白しましょう。天ではイエスさまが私たちを弁護してくださり、地上では聖霊なる神が私たちのすぐ傍らにいてくださり、私たちの嘆きをともに嘆き、悲しんでくださり、私たちに代わって祈り、執り成してくださいます。
3. あなたはイエスさまを愛しておられますか。主のためによろこんで時間をささげ、労力をささげ、献金をささげておられますか。教会でのご奉仕や献金が重荷や苦痛になっているでしょうか。主イエスさまを愛する者となるためには、まず、主のご愛を聖書の御言葉から確信する必要があります。キリストが歩まれた道を黙想しましょう。
4. 「わたしはむしろ、あなたが冷たいか、熱いかであってほしい。」という主の御言葉を聞き、あなたはどうお応えしますか。主に対して燃えるような情熱をもって愛し、お仕えする者とさせていただきましょう。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。