FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Study: Stinky 'Gas' Helps Regulate Blood Pressure

研究調査結果:くさい臭いを発するガスが、血圧抑制に効果
2008年10月24日 金曜



臭うかもしれない。しかし、嫌な臭いを発するガス、腐った卵のような異臭などが、血圧を抑制するのに一役買うかもしれないというのだ。
ジョン・ホプキン医科薬科大学の研究者たちによる発表。



研究者たちの発見によると、人間の大腸に生息するバクテリアから発せられる、異臭のもとである硫化水素は、齧歯(げっし)類動物の血管を緩め、リラックスさせ、血圧を下げる働きをして、高血圧症を予防する効果があったというのだ。



研究者たちは、このいやな臭いが、人間の血管にも同様に作用するはずで、今回の発見は、高血圧症治療の新しい薬物療法開発に結びつくに違いないと確信している。
10月24日発行、科学ジャーナル誌に記載された研究発表による。



Cited on 25 Oct 2008, Online: http://www.foxnews.com/story/0,2933,443892,00.html
日本語訳:池田 豊



************************************************



Study: Stinky 'Gas' Helps Regulate Blood Pressure
Friday, October 24, 2008



It may be stinky, but the gas blamed for smelly flatulence and the smell of rotten eggs also appears to play a role in regulating blood pressure, researchers from Johns Hopkins University School of Medicine reveal in a study.



Researchers found that hydrogen sulfide, the unpleasant aroma expelled by bacteria in the human colon, relaxed the blood pressure of rodents by relaxing blood vessels and preventing hypertension.



They believe the gas would have the same effect on human blood vessels and hope the discovery leads to the development of new medications to treat the disease, according to a study published in the Oct. 24 issue of the journal Science.



Cited on 25 Oct 2008, Online: http://www.foxnews.com/story/0,2933,443892,00.html



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。