FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行いの伴わない信仰は、死んだ信仰であるとは? (17)

                                                                      牧師 池田 豊
 ヤコブは、教会に何の取り柄もないと思われる人々が来たとき、その人たちを見下して差別するようなことがあったとしたら、その人は、自分が創造主のみ恵みだけによって救われたという事実を忘れてしまっている人だと言いたいのです。世界中のほとんどの宗教は、人間の側でなすなんらかのよい行いや修行、あるいは功徳が報いられ救われると教えていますが、聖書の Good News だけが主イエスキリストの十字架と復活に現された創造主の恵みのみによる救いを説くのです。



 自分が創造主の恵みによって救われたと言っていながら、他の人を表面的な良い悪いの基準で差別してしまっては、恵みの原則があらわされていないではないかと言うのです。 ヤコブは、「創造主の恵みだけによって、救われたのだ。自分の良い行いに対するご褒美で救われたのではない。」と本当に信じているのなら、その信仰を、えこひいきせず、人をありのまま受け入れ、親切にすることによって表現してみなさいと勧めているのです。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。