FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

57セントの献げもの

小さな女の子がすすり泣いていました。小さな教会の前で。日曜学校にあまりにたくさん子供たちが集まりすぎて、この子、教会に入れてもらえなかったのでした。「あたし、日曜学校に入れてもらえないの・・・」その教会の牧師が通りかかった時、クスン、クスン泣きながら女の子は、そう言いました。その女の子がいかにも貧しく、だらしない服装をしているのを見て、牧師は、この子がどうして教室に入れてもらえなかったのかを察し心を痛めました。そして、その女の子の手を取り、教会堂の中に連れて入り、日曜学校の部屋のところに行きその子を入れてあげたの。女の子はとってもうれしかった。だからその夜、イエス様に礼拝をささげたくても教会に入れてもらえない子供たちのことを女の子はじっと思いめぐらしていました。

それから二年後のことでした。この女の子が、貧しい安アパートの一室で死んだのは。女の子の両親は、あの親切な牧師、女の子の友達になってくれた牧師先生に連絡をとってお葬式の司式をお願いすることにしました。このかわいそうな女の子の小さな体が抱き上げられますと、下には、くしゃくしゃになったお財布がひとつありました。女の子がゴミ捨て場などからあさって集めた57セントが中に入っていたの。そしてね、たどたどしい文字でこの女の子が残したメモもそこに入っていましたよ。こう書いてありました。「このお金は、大きな教会堂を建てるためにつかってください。そしたら、もっと多くの子供たちが日曜学校に行けるから。」この愛の献金をささげたくて、女の子は、二年間かけて一生懸命お金をためたのでした。牧師は涙を流しながらこのメモを読みました。そして即座にこう決断しました。この女の子のメモと、破れたボロボロの赤いお財布を持って礼拝の講壇に立とう。礼拝のメッセージの中でこの女の子の愛と自己犠牲的な精一杯の献げものについてみんなに知ってもらおうって。そして牧師は、さっそく教会の執事(リーダー)たちに集まってもらい、より大きな教会堂を建設しようと呼びかけたのでした。

でもね、これでこのお話は終わりではありません。というのは、ある新聞社がこの話を取材し、新聞に載せてくれたからです。そうしたら、それを読んだある一人の不動産屋さんが、何万ドルもの価値のあるひろ?い土地を教会に買ってくれませんかって持ちかけてきたんです。教会のみんなは、そんな大きな土地、買うお金がありませんよ?と言いました。そしたらその不動産屋さん、「いいえ、57セントでいいですよ!」って言ってくれたのです。教会員だって負けちゃいられません。みんな教会堂建設のためにたくさん献金しました。全国各地の知らない人たちからも献金が送られてきました。そして、この女の子が献げた57セントがきっかけとなり、五年間でなんと25万ドルもの献金がささげられたのです。いまから百年も前の頃の25万ドルですからね、気の遠くなるような金額です。自分を献げきったあの女の子のわずかな献げものが、大きな配当金のようになって返ってきたのです。

今度、みなさんがアメリカのフィラデルフィアに行く機会がありましたら、是非、テンプル・バプテスト教会を訪ねてみてくださいね。3,300名収容の礼拝堂、そして何百人もの学生が学んでいるテンプル大学のキャンパスがありますよ。また、良きサマリヤ人病院や何百人もの子供が集える日曜学校の施設もあります。地域の子供たちが日曜学校におおぜい来ても、あの女の子が入れてもらえなかったようなことはもうありません。そしてね。日曜学校のあるお部屋には、あの57セントを献げた女の子のかわいらしい写真が飾ってありますよ。彼女の精一杯の献げものが、このような歴史に残るような驚くべき出来事を生み出したのです。そしてね、女の子の写真の隣には、あの優しい牧師、ラッセル・H・コンウェル先生の写真が並んでいますよ。コンウェル博士は、「ダイヤモンドいっぱいの広い土地」("Acres of Diamonds" ※1エーカーは4,046.86?; 約1,224坪)という本にして、この女の子のことを書いてくれました。

これは、たった57セントでもね、神さまがそれをお用いになったら、どんなすばらしいことをしてくださるかということを教えてくれる本当にあった出来事なのです。

訳:池田 豊

?57 Cents

?A sobbing little girl stood near a small church from which she had been turned away because it "was too crowded." "I can't go to Sunday School," she sobbed to the pastor as he walked by. Seeing her shabby, unkempt appearance, the pastor guessed the reason and, taking her by the hand, took her inside and found a place for her in the Sunday school class. The child was so touched that she went to bed that night thinking of the children who have no place to worship Jesus.

?Some two years later, this child lay dead in one of the poor tenement ?buildings and the parents called for the kind-hearted pastor, who had befriended their daughter, to handle the final arrangements. As her poor little body was being removed, a worn and crumpled purse was found which seemed to have been rummaged from some trash dump. ?Inside was found 57 cents and a note scribbled in childish handwriting which read, "This is to help build the little church bigger so more children can go to Sunday school." ? For two years she had saved for this offering of love. ?When the pastor, tearfully read that note, he knew instantly what he would do. Carrying this note and the cracked red pocketbook to the pulpit, he told the story of her unselfish love and devotion. ?He challenged his deacons to get busy and raise enough money for the larger building. ?

?But the story does not end there! ?A newspaper learned of the story and published it. It was read by a Realtor who offered them a parcel of land worth many thousands. ?When told that the church could not pay so much, he offered it for 57 cents. ?Church members made large donations. Checks came from far and wide. Within five years the little girl's gift had increased to $250,000.00 - a huge sum for that time (near the turn of the century). Her unselfish love had paid large dividend.

?When you are in the city of Philadelphia, look up Temple Baptist Church, with a seating capacity of 3,300 and Temple University, where hundreds of students are trained. Have a look, too, at the Good Samaritan Hospital and at a Sunday School building which houses hundreds of Sunday Schoolers, so that no child in the area will ever need to be left outside during Sunday school time. In one of the rooms of this building may be seen the picture of the sweet face of the little girl whose 57 cents, so sacrificially saved, made such remarkable history. Alongside of it is a portrait of her kind pastor, Dr. Russel H. Conwell, author of the book, "Acres of Diamonds".

?A true story, which goes to show WHAT GOD, CAN DO WITH 57 CENTS.



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。