スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男と女 (1)

070624 Christchurch JCF       男と女(1)     (創世記2:18-25)
                                                                     牧師 池田 豊



その後、神である主は仰せられた。「人が、ひとりでいるのは良くない。わたしは彼のために、彼にふさわしい助け手を造ろう。」神である主が、土からあらゆる野の獣と、あらゆる空の鳥を形造られたとき、それにどんな名を彼がつけるかを見るために、人のところに連れて来られた。人が、生き物につける名は、みな、それが、その名となった。こうして人は、すべての家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名をつけたが、人にはふさわしい助け手が、見あたらなかった。そこで神である主が、深い眠りをその人に下されたので彼は眠った。それで、彼のあばら骨の一つを取り、そのところの肉をふさがれた。こうして神である主は、人から取ったあばら骨を、ひとりの女に造り上げ、その女を人のところに連れて来られた。すると人は言った。「これこそ、今や、私の骨からの骨、私の肉からの肉。これを女と名づけよう。これは男から取られたのだから。」それゆえ、男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となるのである。そのとき、人とその妻は、ふたりとも裸であったが、互いに恥ずかしいと思わなかった。創世記2:18-25



[導入]     



1. 『仏本行集経(ぶっぽんぎょうしゅうきょう)』「捨官(しゃかん)出家品(しゅっけぼん)」にはこう教えられています。
「世には不浄で多くの迷惑があるが、女人の身の性質より、はなはだしきはなし。」
2. 『相応部経典(そうおうぶきょうてん)』の教えはこうです。
「女人は『清らかな行い』の汚れであり、人々はこれに耽溺(たんでき)(中毒になりおぼれること)する」
3. 『転女身経(てんにょしんぎょう)』にはこう教えられています。
「女のからだのなかには、百匹の虫がいる。つねに苦しみと悩みとのもとになる。(中略)この女の身体は不浄の器である。悪臭が充満している。また女の身体は枯れた井戸、空き城、廃村のようなもので、愛着すべきものではない。だから女の身体は厭い(いとい)(エン、オン、いやになる、あきる)棄て去るべきである。」
4. 阿含経一の巻二十一丁にはこう書いてありました。 「男が一度女性を見れば、永久に地獄に堕ちる。いわんや、一度女性を犯せば必ず無間地獄に堕ちる」 これは、仏教徒の男性は、女性と一切セックスしてはいけないという教えです。正統派の仏教では、結婚することを禁止しています。夫婦間であっても男女の性的交わりを、すべて邪悪なことと決めつけているからです。
5. 法華経第五の巻、薬草喩品(やくそうゆぼん)に、五障三従の教えという仏教の有名な教えがあります。 五障とは、「女の人は?梵天、?帝釈天、?魔王、?転輪聖王、?仏身になれない。」という意味の教えです。梵天、帝釈天、魔王になりたいという女性はおられますか????はならなくてもいいでしょうが、?はどうでしょう。これは、女性がどんなに修行しても悟りを開くことができない、仏にはなれない、成仏できない、という意味です。
三従とは「女は幼児期、父母に従え、嫁いだら夫に従え、老いたら子に従え」ということで、女性は終生独立することは許されないという隷属生活を命じた教えです。女性を非常に馬鹿にしている教えです。
6. 大阿弥陀経、本願の第二願の教えには次のような言葉がありました。 「女はいかに念仏を唱えても、阿弥陀の極楽浄土には入ることができない。」また第四十七願にはこう書いてありました。「転女男成」、第四十八願には、「滅後男成」とあります。これらは、つまり、女が極楽浄土に入りたかったら、男に生まれ変わってこいということなのです。女性のままでは絶対に救われないというのが仏教の正統的な教えです。
7. 仏教の涅槃経には次のような文章があります。二十一巻「三千世界の男の煩悩をすべて集めたものが、一人の女の業障(仕業に対するタタリ)に等しい」、二十三巻「女性は、大魔王である。一切の人を食い尽くし、この世において、男にまつわりつき、来世成仏の妨げとなり、仇敵(きゅうてき)となる。」
8. 一切如来金剛三業秘密大教王経の教えには、次のように記されています。 「祈りが聞かれるための条件は、毎日センダラ階級の処女と性交することである。」*センダラ(賤民)とは梵天の足から生まれたというヒンズー教のカーストにおける最下層の人々のことです。バラモン(僧侶)は梵天の頭から、セッテリ(王と武士)は胸から、ビシャ(平民)は腹から生まれたとされます。お祈りがかなえられるため、最下層の女性、しかも処女を毎日、レイプしてでもセックスしなさいという命令がこのお経の教えです。
自己紹介する時、日本人の女性の方で、「私は仏教徒です。」と平気でおっしゃる方がいますが、今、私がここに申し上げたような、仏教経典の教えを知っていて、仏教徒だとおっしゃっているのだろうかと私は疑問に思います。



今日と来週、二回に分けて、創造主の御言葉である聖書から、「男と女」について学びたいと思います。今日は、「人が独りでいるのは良くない」と創造主がおっしゃったこと、そして、アダムが全ての生き物に名前をつけたということ、最後に、アダムのあばら骨からエバが造られたことについて学びます。



I. 人が独りでいるのは良くない (2:18)
A. ヨイ、ヨイ、ヨイの良い、良い、良い と創造主は世界のいろいろなものを創造されて後、言われました。
創世記1:12 それで、地は植物、おのおのその種類にしたがって種を生じる草、おのおのその種類にしたがって、その中に種のある実を結ぶ木を生じた。神は見て、それをよしとされた。
創世記1:18 また昼と夜とをつかさどり、光とやみとを区別するようにされた。神は見て、それをよしとされた。
創世記1:21それで神は、海の巨獣と、その種類にしたがって、水に群がりうごめくすべての生き物と、その種類にしたがって、翼のあるすべての鳥を創造された。神は見て、それをよしとされた。



ここまで、よい、よい、よいと言ってこられた創造主は、人間がご自身の御かたちに似せて造られたので、こうおっしゃいました。
創世記1:31 そのようにして神はお造りになったすべてのものをご覧になった。見よ。それは非常によかった。こうして夕があり、朝があった。第六日。神は見て、それをよしとされた。
B. 人という字、人間という文字は、人と人の間という意味です。独りでは、ヒトではあっても人間にはなりません。
C. 聖書の中で、創造主が良くないとおっしゃっている例が伝道者の書 4:9-12にもあります。
ふたりはひとりよりもまさっている。ふたりが労苦すれば、良い報いがあるからだ。どちらかが倒れるとき、ひとりがその仲間を起こす。倒れても起こす者のいないひとりぼっちの人はかわいそうだ。また、ふたりがいっしょに寝ると暖かいが、ひとりでは、どうして暖かくなろう。もしひとりなら、打ち負かされても、ふたりなら立ち向かえる。三つ撚りの糸は簡単には切れない。 伝道者の書4:9-12
D. 結婚の基本に、次の三つの大切なことがらがあります。
1. フレンドシップ  2. パートナーシップ  3. コミュニケーション



II. アダムはすべての生き物に名前を付けた (2:19-20)
A. アダムは動物の種を識別する能力を持っていた    
学問は、対象を識別、分類し、名前を付けることから始まると言われます。
B. コンピューターの人工知能研究最大の課題の一つは、コンピューターが文字、人間の顔や、人間の声をどれだけ認識できるかということでした。
C. 群馬大学内分泌研究所所長・教授 黒住一昌博士に私がお会いしたとき、先生はこうおっしゃっていました。   
「解剖学者は、人間や動物の体の隅々まで、小さな構造にも、一つ一つ名前を付るので、それを記憶しなければならない学生たちはかわいそうだとお叱かりを受けることが多いが、実は名前をつけるところから学問は始まるのです。生物学においては、分類学からことが始まり、医学は、解剖学から学びが始まります。」 アダムが一番最初にしたこと、それは、名前をつけるということだったという事実は、人間が創造主に似せて、知性を持った者として創造されたことを明確に裏付けるものです。哲学の分野でも、認識論、エピスティモロジーは非常に重要なものと理解されています。
D. ふさわしい助け手が見あたらなかった
アダムは、創造主がご紹介下さった生き物すべてを正確に認識し、名前をつけました。つまり、それぞれの特徴を全部理解した後、このような結論に達したのです。ふさわしい助け手がいなかった。つまり、自分と同じような特徴をもった生き物がいないというのです。オランウータンやチンパンジーでは、だめだったのです。アダムのパートナーとしてふさわしくなかったのです。種類が違っていたからです。
1. 助け手=エゼル
助け手と日本語に訳された言葉は、エゼルというヘブル語です。
2. アシスタントではない
このエゼルという言葉は、単にアシスタントや助手というような意味では決してありません。実は、この用語は、自分ではできないことをしてくれる人。他の何者にも替えることのできない、「かけがえのない助け手」と言う意味なのです。
3. エリエゼルという名前が聖書に登場してきます。
a. アブラハムのしもべ 
そこでアブラムは申し上げた。「神、主よ。私に何をお与えになるのですか。私にはまだ子がありません。私の家の相続人は、あのダマスコのエリエゼルになるのでしょうか。」 創世記15:2
b. モーセの二人の息子 
さて、モーセのしゅうと、ミデヤンの祭司イテロは、神がモーセと御民イスラエルのためになさったすべてのこと、すなわち、どのようにして主がイスラエルをエジプトから連れ出されたかを聞いた。それでモーセのしゅうとイテロは、先に送り返されていたモーセの妻チッポラとそのふたりの息子を連れて行った。そのひとりの名はゲルショムであった。それは「私は外国にいる寄留者だ。」という意味である。もうひとりの名はエリエゼル。それは「私の父の神は私の助けであり、パロの剣から私を救われた。」という意味である。 出エジプト18:1-4
1. ゲルショムという名前は、外国にいるよそ者、寄留者という意味です。
2. エリエゼルという名前は、 創造主は私の助けであるという意味です。ですから、夫にとって、妻は、創造主と同じように大切な助けだというのが聖書の教えです。



III. アダムのあばら骨から女が造られた(2: 21-22)
A.主はアダムに深い眠りをくだされた 手術前の麻酔?
B.あばら骨が用いられた意味(解剖学の科学的見地から)
1. 助骨は二つの部分から成り立っている
2. 助骨のように、短い骨の骨髄は、赤色骨髄である
その特徴:盛んに細胞分裂をして、急速に増殖するのが骨髄細胞です。
3. 放射線は急激に増殖する細胞を選択的に侵すものです。
原子爆弾でも、原子力発電所の事故でも犠牲者は、骨髄を侵され、急激な貧血をおこすことがわかっています。救う方法としては、骨髄移植以外にないのです。
4. 骨髄細胞は盛んに分裂増殖するので、細胞培養によってモノクローン抗体を造る時に利用されている。
C. 男のあばら骨が用いられた意味(霊的社会的見地から)
1. 医師(イーシュ)と医者(イッシャー)が似ているように、男と女とは創造主の御前では等しく尊いのです。冒頭に申し上げた仏教の教えとは全く違います。
she shall be called woman, because she was taken out of man: her name was "Ishah," because taken from "Ish," as "vira" in Latin from "vir," and "woman" in our language from "man". John Gill's Expositor
むかし、中学校で初めて英語を学び始めた頃、私たちは、女性、womanという英単語を覚えようと語呂合わせでこう言ったものです。「子供を産むのに“産―まん”とは、これいかに??」 マンからとられたので、ウー・マンという意味だったのですね。
2. ユダヤ教のラビによる説明 ユダヤ教の教師たちはずいぶん勝手なことを言っています。
創造主は女をアダムの頭の骨から造らなかった。女が支配的にならないためである。又、目から造らなかった。女が情欲を持たないためである。耳からも造らなかった。好奇心を抑えさせるためである。口からも造らなかった。それは、女がおしゃべりにならないためである。心臓からも造らなかった。嫉妬しないためである。又、手からも造らなかった。どん欲にならないためである。足からも造らなかった。それは、女が歩き回って、いらぬことをしないためである。主は、女をアダムのあばら骨から造られた。その理由は、あばら骨が隠されていて、外からは見えない部分だからである。つまり、あばら骨同様、女にとっては、ひかえめであること、奥ゆかしさこそ、女としての第一の特性としなければならないからである。
*ずいぶん女性に対して押しつけがましい、勝手な要求しほうだいという解釈ですね。
3. マシュー・ヘンリー注解書にみる説明
女は、アダムの脇腹、あばら骨から造られた。男を牛耳るべく、彼のあたまからではなく、さりとて、男に踏みつけられるようにと彼のかかとから造られたのでもない。そうではなくて、彼の脇から造られた。男と同等の者として女は造られた。彼の腕によってかばわれるように、まもられるように、彼の心臓に一番近くあるように。・・・このことは(他の箇所でもそうであるが)、アダムは、やがておいでになるキリストを示す影であり、第二のアダムであるキリストとキリストの花嫁、教会との関係をアダムとエバが象徴的に表していることを示す。キリストが眠りにつかれた時、十字架の死という深い、深い眠りに落ちたもうた、その時、キリストの脇腹が開けられ、血と水が流れ出た。血はその教会を得るための代価として支払われ、水は、教会を御自身にふさわしいものと聖めるために流されたのである。#エペソ5:25-26を参照せよ。
That the woman was made of a rib out of the side of Adam; not made out of his head to rule over him, nor out of his feet to be trampled upon by him, but out of his side to be equal with him, under his arm to be protected, and near his heart to be beloved. ……. In this (as in many other things) Adam was a figure of him that was to come; for out of the side of Christ, the second Adam, his spouse the church was formed, when he slept the sleep, the deep sleep, of death upon the cross, in order to which his side was opened, and there came out blood and water, blood to purchase his church and water to purify it to himself. See #Eph 5:25,26.
あなたがたは自分自身と群れの全体とに気を配りなさい。聖霊は、神がご自身の血をもって買い取られた神の教会を牧させるために、あなたがたを群れの監督にお立てになったのです。  使徒20:28
しかし、兵士のうちのひとりがイエスのわき腹を槍で突き刺した。すると、ただちに血と水が出て来た。  ヨハネ19:34



世に勝つ者とはだれでしょう。イエスを神の御子と信じる者ではありませんか。このイエス・キリストは、水と血とによって来られた方です。ただ水によってだけでなく、水と血とによって来られたのです。そして、あかしをする方は御霊です。御霊は真理だからです。あかしするものが三つあります。御霊と水と血です。この三つが一つとなるのです。もし、私たちが人間のあかしを受け入れるなら、神のあかしはそれにまさるものです。御子についてあかしされたことが神のあかしだからです。 1ヨハネ5:5-9
夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたように、あなたがたも、自分の妻を愛しなさい。キリストがそうされたのは、みことばにより、水の洗いをもって、教会をきよめて聖なるものとするためであり、ご自身で、しみや、しわや、そのようなものの何一つない、聖く傷のないものとなった栄光の教会を、ご自分の前に立たせるためです。 エペソ5:25-27
D. 男から女が造られたのであり、女から男が造られたのではない証拠(細胞生物学的見地から)
1. 男女の違いを決定しているのは、一対の染色体です。
2. 人間の染色体は、46個で、22対の常染色体には男女の差はないそうです。
3. しかし、性染色体は、男XY、女XXと違いがあります 
4. もし、主が、女から男を造られたとしたら
女性の細胞にはY染色体がない。男が造られるためには新たなる創造の御業が必要となってしまいます。
5. しかし、男から女が造られる場合には、男の性染色体XYのうち、Xだけを取り出し、二倍にすれば、簡単にアダムの細胞からイブが造られることになります。
6. 染色体の倍加は、細胞分裂のたびごとに起こっていることで何でもないことだと黒住博士はおっしゃっていました。エバは、アダムのいわばクローン人間だったといってもよいでしょう。



アクション・ポイント(生活への適用)
1.創造主が、人を「男と女」とにお造りくださった目的について考えましょう。
2.女が、男にとってエゼル(助け手)であるというは、妻が夫の単なるアシスタントやアゴでこき使われる奴隷のようなものではありません。エリエゼル、創造主は私の助け手と言う名を考えればその正しい意味を理解する助けとなります。このことについて他の人と語り合ってみましょう。
3.キリストが十字架で血と水を脇腹から流し、あなたの罪のために死んでくださったことをお聞きになり、創造主に感謝し、イエスキリストをあなたの救い主として信じお受け入れなさいませんか。
4.聖書の御言葉が真理であることを確信いたしましょう。現代の最先端科学は、聖書の記述を否定するどころか、科学の発達がなされればなされるほど聖書の真実性を証拠だてることを他の人々にもお伝えしましょう。
5.男、アダムから女エバは造られましたが、すべての男は、女性である母から生まれるのです。これは、創造主の深い智恵とご配慮によるものです。1コリント11:11-12を読み、他の人と語り合ってみましょう。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。